無料の会員登録をすると
お気に入りができます

付き合って2年の彼氏とラブラブでいたい!別れるor結婚するカップルの違いとは?

恋愛・結婚

彼氏と付き合って2年!

彼氏と付き合って2年が経つと、そろそろ結婚も意識し始める頃。今のラブラブ感を維持しながら結婚…!というのが理想ですが、2年付き合っているカップルの中には『倦怠期』から別れに発展するカップルも珍しくありません。

付き合って2年が経つと付き合い初めのラブラブ感は落ち着きますが、結婚を考えている彼氏に飽きた、飽きられたなんて悲しい話ですよね。

では、付き合って2年が経ち『結婚まで進めるカップル』と『別れを選ぶカップル』の違いは一体何なのか『付き合って2年でもラブラブでいる方法』を踏まえながらお伝えします。

目次

付き合って2年のカップルの特徴

『2年付き合っているカップル』と聞いて真っ先に思い浮かぶのが『良い意味で馴れ合い』ではないでしょうか。付き合って2年が経つと、交際初めの時のドキドキ感やワクワク感はどうしても減少するもの。

ですが、ドキドキ感やワクワク感に変わり『一緒に居ると心が安らぐ』という安心感や、愛しさへと変化していくのです。付き合って2年のカップルに訪れる『慣れ』ですが、この『慣れ』をラブラブで解消出来るか、飽きた・飽きられたの別れへ持っていくかはカップル次第。

ここでは、付き合って2年のカップルの特徴を解説していきます。

普通の交際から同棲へと発展

付き合って2年のカップルに多いのは『普通の交際から同棲へと発展している』です。付き合って2年だと、お互いのおおよその事は把握している頃ですよね。

ただの交際だけでなく、同棲しようという話が出やすいのも『付き合って2年』の時期です。結婚を見据えるカップルなので、彼氏・彼女の生活スタイルや結婚のシミュレーションをしたいと考えるのです。

同棲が始まると、更に『ラブラブを持続できるか』『別れに進むか』の両極端になりやすいので、同棲が始まった時こそ注意が必用です。

馴れ合いを感じる

付き合って2年のカップルの特徴は『馴れ合いを感じる』です。付き合ってから時が経つと良い意味でも悪い意味でも『慣れ』が出てくるもの。

この『馴れ合い』こそがカップルを結婚まで発展させるか別れを選ぶかが決まってしまうのです。例えば彼氏に対して不安や迷いを感じる時、馴れを実感すると『寂しさ』や『疑心』の方が勝ってしまいますが、彼氏への愛情がしっかりとしていれば、慣れ合いさえも『愛しい』と感じるものです。

付き合って2年で、お互いの間に芽生えた『慣れ』を素敵なものに変換出来るよう意識を強く持ちましょう。

『飽きられたら』の不安と背中合わせ

付き合って2年のカップルによく見られる特徴は、お互いに信頼はしているけれど『飽きられたら』という不安が常に頭の隅の『不安』となっているという事。

付き合って2年で飽きられたら…と不安になるのは、もちろん『相手の事を愛しているから』です。嫌われたくない、相手を失いたくないと思っているからこそ『飽きられたら…』など目に見えない不安に心配になるのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ