無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「色風水」で運気を高める方法

占い

お金が貯まる財布の色や恋愛運を高める色など、色を使って運気を高める「色風水」。風水と色の関係とは? 上手な色の取り入れ方には方角も関係しているようです。占い師&ライターの大柴あまねさんにくわしく教えてもらいました。

大柴あまね

生活に風水を取り入れて運気アップしたい! そう思ったときに一番早く取り入れられるのが「色風水」です。

インテリアカラーとして取り入れるだけで運気を強化することができます。

あなたの望みに合わせて、気軽に色風水を生活に取り入れてみましょう。

風水における色の役割

風水というと「ここに何色を置く」というイメージの方も増えてきました。それだけ風水と色の関係は印象深く、世間に広く浸透しています。

そんな風水における色の取り入れ方を、五行思想や九星を絡めてご紹介します。

五行思想における色

五行思想とは『木火土金水』という5つの要素からなるものです。

これは自然界のバランスのことで、世界のすべてはこの5つから生じているという東洋の思想のことをいいます。

この五行にはお互いを生み育てる「相生関係」と、お互いを殺す「相剋関係」があります。「相生関係」は相性が良いとされ、「相剋関係」は相性が悪いとされます。

五行のバランスは自分自身の状態や部屋の持つ運気としても当てはめることができます。もし運気が弱っていたら、そこに色を取り入れることで補えるのです。

五行的な相性が良い色や、目的に応じた色、補う色を取り入れれば、運気を操作することができます。

九星と色の関係

九星とは、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の9つの分類を指しています。

東洋の思想には九星が配置された「後天定位盤」という図があります。

これらの九星の特徴からそれぞれの方位には適した色が存在すると考えられているのです。

五行と同様に九星も気のバランスが大事だと考えられており、星によって色の相性があるので、風水では総合的に判断して色を取り入れていきます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ