無料の会員登録をすると
お気に入りができます

放っておくだけでむっちり。チーズみたいな「塩ヨーグルト」の作り方

レシピ

ここ数年は水切りヨーグルトもすっかり定番になってきましたが、水切りする前に塩をひとつまみ入れると、もっちりむっちり、濃厚なクリームチーズのような「水切り塩ヨーグルト」に。カナッペに塗ったりパスタやピザに合わせたりと、簡単でヘルシーな「塩ヨーグルト」の魅力をご紹介します。

muccinpurin

このとき、手ぬぐいをぎゅっと絞って残りの水分を出すと、より固くもっちりとした食感になりますよ。

Photo by muccinpurin

そっと手ぬぐいを開き、丁寧に手ぬぐいを外して完成です!手ぬぐいを外す途中で形が崩れてしまったら、慌てずに再び手ぬぐいに包んで形を整えてくださいね。

見た目は、まるでモッツアレラチーズのようなつるんとした美しさ。食べてみると、ほんのりと塩味が効いた、なめらかで濃厚なクリームチーズのような味わいです。

450gのヨーグルトが1/3ほどのかさになりますが、おいしさは3倍以上!手間をかけず、じっくりと時間をかけた味わいです。

上手に作るポイントは…

Photo by muccinpurin

もっちりと仕上げるコツは、しっかりと水分を切ること。

そのためには、目の細かい手ぬぐいを使うのがおすすめです。ガーゼでは目が粗く、キッチンペーパーでは破けやすく力をかけて絞れないので、丈夫な手ぬぐいがベストでしょう。ヨーグルトに触れるので、清潔な手ぬぐいを使ってくださいね。

厚手で目が細かい手ぬぐいなら、手でぎゅっと絞ることも可能。ただし、小さくても穴が開いていると絞った拍子にヨーグルトが出てきてしまうので、穴が開いていないか確認してくださいね。

アレンジ①パンやグラッカーのディップに

Photo by muccinpurin

ねっとりとクリーミーなテクスチャーで、クラッカーやバゲットのディップにちょうどいい固さ。ほんのりとした塩味も、クリームチーズのようでクラッカーのおいしさを引き立ててくれますよ。

お好みでドライトマトやジェノベーゼソース、生ハムなどをトッピングして。今回は、プラムをのせてブラックペッパーとオリーブオイルをかけ、酸味と塩味のハーモニーを楽しみました。

アレンジ②パスタにのせてクリーミーに味変!

Photo by muccinpurin

意外にも相性がよかったのが、トマトベースのパスタとの組み合わせ。半分にカットした水切り塩ヨーグルトを豪快にのせて、少しずつ混ぜながら味の変化を楽しみます。

クリーミーでさっぱりとしたヨーグルトが、トマトと合わさってトマトクリーム風に。ヨーグルトの酸味のおかげで、生クリームを使うときよりも軽く、胃もたれの心配もナシ!あっさり味のクリームパスタは、食べていて罪悪感もありません。

放っておくだけだし、作ってみない?

Photo by muccinpurin
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ