無料の会員登録をすると
お気に入りができます

痛みのない膝へ|骨盤まわり体操で「膝を開く」が簡単に

美容

「骨盤まわり体操」で膝痛を予防しよう

膝を外側に開くときには、骨盤まわりの深層外旋六筋を働かせることが必要。運動に慣れていない人はこの筋肉の反応が鈍く、膝を開こうとしても開けません。体操することで、筋肉に脳からの動きの指令をキャッチする神経回路が通り、きちんと働く状態に。

骨盤まわり体操をする前

膝を直角に曲げて踏み込んだときに内股になってしまい、膝に過剰な負担がかかって痛みを引き起こす。

photos by Sayaka Ono

骨盤まわり体操をした後

膝がきちんと開き、しっかり腰を入れて踏み込めるように。

photos by Sayaka Ono

「骨盤まわり体操」を実践

1「骨盤まわり」は軽めの体操で筋肉を目覚めさせる

深層外旋六筋を使って膝を外に開く体操でウォーミングアップ。休眠中の筋肉に刺激が届き、働ける状態に導いていきます。

HOW TO
①両脚を揃えて真っすぐ立ち、背骨を伸ばす。両手は腰に当てて。左足を床から少し上げ、膝を軽く曲げる。
POINT:足の高さは低くてOK

photos by Sayaka Ono

②骨盤を正面に向けたまま、できるところまで左膝を外側に開いて10秒キープ。反対側も同様に行う。
POINT:骨盤を正面に

photos by Sayaka Ono

NG:骨盤ごと膝を開かない
膝を外に開くとき、骨盤ごと開くと目的の筋肉を使うことができない。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ