無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お部屋に「柄」を取り入れよう♪流行りの「柄」を使った上級者テクをご紹介

インテリア

今回は難しいと言われる「柄物」を上手にインテリアへ溶け込ませた事例集です。

お好きな色や柄は人それぞれですが、それらの配分を間違えるとちょっとうるさく感じてしまいますよね。

そんな柄物の取り入れ方を事例から参考にしてみてください。

大アピール!壁掛けファブリックパネルでインパクトを

まずは大きめなファブリックパネルを壁にかけてみましょう。

これだけで、リビングが大変身!部屋に入ると、まず目がいきますよね。

モノトーンの色調で揃えると、色の統一感も生まれます。

flamingo-sap on Instagram: “やっぱりフルタイム勤務始まると毎日バタバタです!  やっと週末♪ 玄関もイエロー×グリーンにチェンジしました。 マリボウルには、インスタで出会った方にオーダーしてマリボウルサイズのプリザーブドフラワー作ってもらいました。オーダーならではの飾り物でありがたかったです(*^^*)…”
instagram.com

こちらは玄関に飾られているオレンジと黄色の花柄模様。

マリメッコに代表されるこの色合いと柄は元気をもらえますね。

小さなアイテムでも来客者の目に留まる事間違いなし!

こちらも玄関でのディスプレイです。複数枚のパネルを飾る事で、広い壁にも色合いがつきとてもおしゃれになります。

リースや小物で上手に「北欧テイスト」にまとめ上げています。ナチュラルモダンなお部屋にも合いそうですね。

定番の「柄」を上手に取り入れるテクニック

ダイヤ柄をラグマットに取り入れた事例です。

白地に黒いダイヤ形のラインが入るだけで、とてもインテリアにインパクトが出ますね。

ブランケットも同じ白地と黒ラインでまとめ、モノトーンコーデに馴染ませる。おしゃれ上級者の使い方です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ