無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[知らないと損?]ダイエットの味方♪太りにくい「おやつ」ランキング

美容

ダイエット中の時ほど、おやつを食べたくなる方も多いと思います。しかし、ダイエット中だからと、我慢をしていると、ストレスが溜まりその反動で暴飲暴食に走る方も少なくありません。今回、管理栄養士がダイエット中に太りにくいおやつと、なるべく避けたいおやつをランキング形式で、紹介したいと思います。

ダイエット中に太りにくいおやつの摂り方は?

ポイン1:食べる時間帯に注意する。

午後3時と言えば、昔からおやつの時間ですよね。これは、実は理にかなっている事なんです。BMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質が私たちの体内時計を調節しているのですが、これが分泌される事で、脂肪を溜め込む作用が起こります。起床後7〜9時間後はこのたんぱく質の分泌量が少なくなるため、午後2時から3時あたりが、おやつを食べるなら、一番太りにくいと言われています。

ポイント2:温かいノンカロリーの飲み物と一緒に食べる。

温かい飲み物は、空腹を落ち着かせてくれます。お気に入りのハーブティーや紅茶など、自分が好きなノンカロリーの飲み物を見つけれる事で、さらに楽しみは増えますよ。また、温かい飲み物とお菓子を交互にゆっくりと味わいながら食べる事で少量でも、満腹に感じやすくなります。

【冷え知らずの最強食材】飲むだけで脂肪燃焼される注目の生姜紅茶って?

ダイエット中に太りにくいおやつランキング

ランキング1位:ヨーグルト

ヨーグルトには乳酸菌が含まれているため、腸内環境を整えてくれます。その他にも、私たちが不足しがちなカルシウムも補ってくれます。また、通常のヨーグルトに飽きてきた方は水切りしたヨーグルトを試されてみたらいかがでしょうか。ここで、水切りしたヨーグルトを使ったレシピを1つ紹介したいと思います。

︎「水切りヨーグルトのハチミツレモンがけ」の作り方を見る

ランキング2位:ドライフルーツ

ドライフルーツは、噛みごたえがあるため、自然と咀嚼回数が増え、満腹感が湧きやすくなります。また、甘みがあるため、食べ応えもあります。栄養面でも、ドライフルーツは、食物繊維が含まれているので、ダイエット中にも嬉しいですね。

ただ、砂糖が添加されてないものをなるべく選びましょう。ここで、先ほどおススメした水切りヨーグルトを使いつつ、ドライフルーツも使ったレシピを1つ紹介したいと思います。

︎「ナッツとドライフルーツのヨーグルトバーク」の作り方を見る
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ