無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[中華だけじゃもったいない]チンゲンサイの栄養効果について解説します!

レシピ

中華料理に使われる事が多い野菜であるチンゲンサイ。あまり癖のない淡白な味なので食べやすく、また肉厚な茎が特徴で、加熱してもシャキッとした歯ごたえが残る点が嬉しいですね。実は、チンゲンサイは味だけでなく栄養価もとても優秀な食材です。そこで今回は、チンゲンサイの嬉しい栄養効果やおすすめレシピについて管理栄養士が紹介いたします!

チンゲンサイの基礎知識

チンゲンサイってどんな野菜?

チンゲンサイは最も身近な中国野菜として知られており、1970年ごろに中国から日本に伝わってきた野菜です。スーパーでは通年売られていますが、旬は秋~冬にかけてとなります。

美味しいチンゲンサイの見分け方

チンゲンサイの美味しさのポイントはしっかりとした歯ごたえなので、茎の幅が広くて肉厚なものを選びましょう。また、葉の部分は鮮やかな緑色で瑞々しくハリがあり、枯れたり変色してないものが新鮮な証拠です。

チンゲンサイの保存方法

チンゲンサイなどの葉物野菜は畑に生えている時と同じように立てて保存する事で長持ちしやすくなります。ラップや新聞紙で包んで野菜室で保存しましょう。
食べ切れない時は固めに茹でて、食べやすい長さにカットし、1回分ずつラップで小分けにして冷凍保存しておくのもオススメです。

チンゲンサイの栄養効果

β-カロテンでアンチエイジング&生活習慣病予防!

チンゲンサイは抗酸化作用のあるβ-カロテンが豊富に含まれています。
呼吸によって取り込まれた酸素の一部から産生される活性酸素は、細菌やがん細胞などから身を守るという大切な役目もありますが、ストレスや紫外線、タバコ、加齢など様々な要因によって過剰に増えてしまう事で、正常な細胞まで攻撃してしまいます。抗酸化作用のあるβ-カロテンをしっかりと摂る事で、活性酸素の過剰な増加が抑えられます。

そのため、細胞を守る事ができ、お肌のシミやシワ、たるみなどを予防してアンチエイジングにつながります。また、がんや動脈硬化などの生活習慣病予防にもつながると言われていますよ。

カルシウムで骨粗しょう症予防!

チンゲンサイにはカルシウムが多く含まれています。カルシウムは骨や歯の健康維持に効果的な栄養素として知られていますが、日本人の食生活において不足しやすい栄養素でもあります。

特に女性は閉経後、ホルモンバランスの変化によって骨粗しょう症(骨が脆くなり、骨折しやすくなる状態)になりやすいので、出来るだけ早いうちからカルシウムをしっかりと摂っておく事が望ましいです。

また、カルシウムには神経を落ち着かせる作用もあり、ダイエット中のイライラやストレスを抑える効果も期待できますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ