無料の会員登録をすると
お気に入りができます

体幹強化で「逆立ち」できる体に変える!シールシャーサナ攻略のコツ3つ

美容

華麗な上級ポーズを難なくクリアする、モデルでヨガインストラクターの野沢和香さんによると、攻略の秘訣は「体の使い方や動きの方向」だそう。逆立ちポーズ「シールシャーサナ」の場合、勢いではなく、適切な位置取りで安定感を高めることや、それを支える筋力強化もポイントに。自分には筋肉がないから…と諦めず、ぜひ挑戦してみて!

1.「ブロックを挟んだ太陽礼拝」で両脚を揃えて伸ばす内腿の力を強化

両脚を揃え続ける力をつけるために、内腿にブロックを挟んだまま太陽礼拝を。体幹力や脚を胸に引き寄せる腸腰筋なども目覚め、完成形に必要な筋肉をスイッチONに!

ブロック
太陽礼拝
体幹

やり方

1.腿の中間にブロックを挟み、一直線に立つターダーサナからスタート。

ブロック
ターダーサナ

photo by  IKKEN

2.全身真っすぐのまま、吸いながら胸を開いて両手を天井へ伸ばす。

photo by  IKKEN

3.吐きながら両手を横から下ろし、上体も併せて倒しながら前屈。

photo by  IKKEN

4.吸いながら上体を少し起こす。背骨は真っすぐに、内腿の力も常に意識。

photo by  IKKEN

5.両手を肩幅で床につき、軽くジャンプしながら脚を後ろへ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ