無料の会員登録をすると
お気に入りができます

体幹強化で「逆立ち」できる体に変える!シールシャーサナ攻略のコツ3つ

美容

「シールシャーサナ」攻略のコツ

頭を床につけ、キックアップで脚を上げようとする人も多いこのポーズ。蹴り上がるのではなく、頭頂から坐骨を真っすぐにセットしましょう。このとき、坐骨の位置は真上より後ろ寄りを目指すのが真っすぐになるコツ。

まずは完成系のやり方をおさらいし、続いて3つのメソッドに分解して練習してみましょう!

シールシャーサナのやり方

1.両腕で三角形をつくり頭頂を床に。小指側と腕の外側でしっかり床を押しながら、お尻を頭頂の真上近くまで上げる。
POINT:腰は丸めない

photo by  IKKEN

腕の位置に注意して安定感を高めよう
両肘を両手で抱え、肘はそのスタンスをキープ。

illustration by  Nanayo Suzuki

肘のスタンスを保ったまま前方で両手を組むと、安定した三角形の出来上がり!

illustration by  Nanayo Suzuki

2.下腹部に力を入れながら両脚、または片脚ずつ胸に引き込み持ち上げていく。坐骨は「気持ち後ろ」の位置が安定。
POINT:腹筋で持ち上げる・坐骨は背中側へ・肩甲骨を下ろす

photo by  IKKEN

3.脚を持ち上げ始めたら内腿の力をゆるめず、両脚を揃えて上げていく。腕は床を押し続け、両脚を真っすぐ伸ばして!
POINT:内腿を締める

シールシャーサナ/photo by  IKKEN

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ