無料の会員登録をすると
お気に入りができます

結局どうなっちゃうの?「不倫」に溺れた女性の結末3つ

恋愛・結婚

不倫はダメ!ということは頭では理解していても、背徳感や既婚者の魅力にハマってしまい、抜け出せないという人も少なくないようです。

しかし、不倫の末路にハッピーエンドはほとんどありません。

不倫に溺れた男女の末路を、体験談からチェックしていきましょう。

1、不倫を繰り返して婚期を逃し……

「20代の初めにお付き合いしたのは、10歳年上の既婚者。

優しくてお金も余裕があり、同年代の男子にはない魅力にどんどんハマってしまいました。

不倫をしているという背徳感もほどよい刺激になり、気がつけばお付き合いは5年以上!

彼は離婚する気はなく、結婚願望の出てきた私は、お別れすることにしました。

しかし、何人かお付き合いした独身男性とはいまいち盛り上がらず、気がつけばまた違う男性と不倫の関係に……。

余裕のある既婚者の魅力から、抜け出せません」(37歳/銀行員)

既婚者の魅力や不倫の背徳感にハマってしまい、抜け出せなくなるのはよくある話。

結婚適齢期を逃してしまった!ということも少なくないようです。

しかし、このままの生活がずっと続くわけではありません。早く不倫沼から抜け出さないと、あとから後悔することにも……。

2、会社バレして転職!

「不倫相手は会社の上司。

遠出のデートで気が緩み、手をつないでイチャイチャしていたのを隣の部署の人に見られていたよう!

週明けに会社に行くとすでに噂になっており、ほどなく彼は僻地に転勤に……。

部長から注意もされ、あれこれ聞かれたりヒソヒソされたりと、精神的に耐え切れず退職しました。

年齢的に転職もなかなかうまくいかず、やっと見つけた仕事は年収がかなりダウン。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ