無料の会員登録をすると
お気に入りができます

後屈が一気にラクに!脊柱起立筋・大臀筋・ハムストリングを鍛えるメソッド

美容

硬い体は、柔軟性ではなく「筋力低下」にも要因が…!そもそも筋肉は、ある方向に体を動かす「主動筋」と、ペアになって働く「拮抗筋」が対をなしています。そして、主動筋が縮むと拮抗筋がゆるむ…という体の仕組みを応用し、2つの筋肉をバランスよく鍛えることで、体は劇的に柔らかくなるのです。今回のテーマ「後屈」でキーとなるのが体の前面全体の柔らかさ。美しいアーチを描いて後屈するためには、肩、背骨、股関節、膝の柔軟性が重要。それらの拮抗筋である脊柱起立筋&大臀筋&ハムストリングを鍛えるメソッドをご紹介します。

photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

2.片脚を後ろに伸ばし、5呼吸。かかとを押し出し、膝を伸ばす。ゆっくり下ろし、反対側も同様に。

膝を伸ばしたままキープ/photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

体はどこまで変わった?

モデルを務めてくれた伊藤ニーナさん、今回のメソッドを実践した後の体の変化をチェックしましょう。

photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

体の前面が突っ張っていた最初と比べきれいなアーチに!体のラインが格段としなやかになりました。

photo by  Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

教えてくれたのは…乳井真介先生
「リラヨガ・インスティテュート」主宰。伝統的なヨガと現代的なヨガを自在に使いこなす。一般向け指導、人生を豊かにする「知恵としてのヨガ」を伝えられる指導者の育成に尽力中。本誌連載『漫画で読むヨガ哲学』の監修も。

モデルを務めてくれたのは…伊藤ニーナさん
2011年GINGERスターオーディションモデル分門グランプリ受賞。『GINGER』(幻冬舎)、『CLASSY.』(光文社)など様々な雑誌で活躍中。大型ファッションイベントにも多数出演している。Instagram→@ninaitoh

@ninaitoh
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ