無料の会員登録をすると
お気に入りができます

週末は文具の祭典へ♡「文具女子博2019」の見所と戦利品を紹介します!

旅行・おでかけ

アントワサンク

picture

2020年の東京オリンピックの競技をしている動物が愛らしい「立てられるふせん」。動物のイラストがついているだけで、デスクの上がぱっと明るくなり、スケジュール管理やToDoリストもはかどりそうです。たたんでバッグに入れて持ち歩くこともOKです。

ゼンリン

地図会社ならではの、地図モチーフの文具を展開する「ゼンリン」。札幌、京都、広島など、ゼンリンの地図をデータベースにした3ポケットのクリアファイルやノートが揃います。

レイヤーが重なって地図になる

3つのレイヤーを重ねることで地図が完成するファイルは、地図を扱う会社ならではのアイテム。パンの街として有名な神戸は、クロワッサンが可愛く散りばめられています。

越乃雪本舗大和屋

picture

干菓子で有名な「越乃雪本舗大和屋」の限定商品は、有平糖のやさしい甘さが楽しめる「豆本おはじき」と、金平糖のような食感の「文のたね」。ロマンチックなネーミングの淡い色のお菓子が乙女心をくすぐります。

番外編:ミニバッグにしのばせたいミニ文具

picture

今年の「文具女子博2019」でロカリ編集部が注目したのが、持ち運びに便利なミニ文具。コクヨのキャップのない携帯はさみ(2020年2月発売)は、スライドさせるだけではさみになる優れものです。

使いやすいサイズで人気のロディアNo.11は、文具女子博限定の温かみのあるピンクのカバーつき。そして、シヤチハタの「ネーム9」にそっくりな見た目の「リップ美容スティック」は、今SNSで話題の美容アイテムです。

アトラクションコーナー

お買い物の小休止におすすめの、文具にちなんだアトラクションコーナー。他のブースでは手に入らないレアなアイテムもあるので要チェックです。

ミニチュアノートコレクション

picture
記事に関するお問い合わせ