無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ほっこりやさしい、基本の七草粥

レシピ

材料(2人分)

米 ... 1/2カップ(75g)

水 ... 750cc

春の七草 ... 1パック

塩 ... 小さじ1/4杯

塩 ... 小さじ1杯(塩茹で用)

下ごしらえ

・お米は洗って水気を切って鍋に入れ、分量の水を加えて30分浸水させます。
・七草は水洗いし、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

作り方

1. すずな(かぶ)は薄めのいちょう切りにして、すずしろ(大根)は薄めの輪切りにします。
2. 鍋にたっぷりの湯を沸かして塩(小さじ1杯)を加え、①を入れて中火で2分ゆで、ザルに上げます。
3. ②の鍋に①の葉と茎、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざを入れて中火で1分ほどゆで、冷水に上げて水気を絞り、粗く刻みます。
4. 浸水させたお米の入った鍋をフタをして中火にかけ、煮立ってきたらフタを少しずらし、弱火で30分炊きます。途中とろっとしてきたら、焦げつきやすい鍋底を時々混ぜます。

5. ④に塩(小さじ1/4杯)、②と③の塩ゆでした七草を加え、火を止めてフタをして5分蒸らして出来上がりです。お椀によそって召し上がれ。

コツ・ポイント

春の七草は、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろの7種類です。おかゆを作る際、お米が焦げないように煮立ったら1度かき混ぜてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ