無料の会員登録をすると
お気に入りができます

体も心も休めよう。「七草粥」の作り方&薬草の特徴と意味

レシピ

七草粥とは

由来と歴史

1月7日の朝、春の七草とも呼ばれる七つの薬草をお粥にして食べる「七草粥」。

始まりは中国。「人日の節句」である1月7日に七つの薬草を入れたお粥を食べ、無病息災を願うようになりました。また、1月7日にお役所の昇進の決定などもあり、立身出世にも由来しています。

冬に芽を出す若草はとても貴重な存在だったため、平安時代では宮中での行事食として食べられていました。それが江戸時代になり、庶民にも親しまれるようになったとされています。

食べる意味や食べ方

七草粥には、一年の無病息災を祈ることだけでなく、お正月に御馳走を食べ疲れた胃腸をいたわる意味もあります。

年末になると、クリスマス、大晦日、忘年会、年が明けて、お正月に新年会と、御馳走やお酒の席が多くなります。その間、胃腸はフル回転!七草粥の素朴な味わいと薬草の効果で、胃腸もホッとしそうですよね。

基本的は、1月7日の朝食に七草粥を食べてください。松の内の最後の行事とされており、朝食べることに意味があるとのことです。

七草粥の基本の7つの薬草の種類

せり

「せり」が自生しているところ見ると、まるで競い合うように生えています。このことから、せりは “競い勝つ” という意味があり、ひとつに数えられました。せりは、独特な香りが特徴的。栄養価が高く、ビタミンCやミネラルが豊富に含まれています。(※)

なずな

ぺんぺん草の愛称でも知られる「なずな」日本全国に自生しているので、知らず知らずのうちに目にしていることがあるかもしれませんね。アブラナ科の一種です。

ごぎょう

キク科の食物の「ごぎょう」縁起物のごぎょうは、漢字で「御形」と書きます。これは、「仏体」を表しているとも言われているんですよ。草餅にはよもぎが使われていますが、昔はごぎょうが使われていたそうです。

はこべら

「はこべら」も、あちこちに自生しているナデシコ科の植物です。はこべらは、“繁栄がはびこる” という意味があります。クセが少ないはこべらは、七草粥だけでなくサッとゆでておひたしやお吸い物にしてもおいしいんですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ