無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やっぱウタマロ最強説!「一番手っ取り早い窓掃除」"拭く"じゃなく"簡単洗い"でラクピカ

インテリア

こんにちは。数年前に建売住宅を買ってからインテリアに興味が出始め、お部屋の改造に日々試行錯誤しているヨムーノライターpink.m.kです。

窓のお手入れって普段どうしていますか?
拭き掃除だけでは、汚れを取るのになかなか時間がかかる窓掃除。放っておくと、あっという間に汚れが蓄積してしまう場所でもあるんですよね。

私は窓掃除は「窓拭き」ではなく「窓洗い」をおすすめしています。洗うといっても、ホースを引っ張ってきてバシャバシャ洗う必要はありません(笑)。

用意するモノ

・ウタマロクリーナー(もしくは中性洗剤)
・バケツ+水
・スポンジ
・スキージー(あれば)
・水分を拭き取るのに使用するタオル

私はウタマロクリーナーがスプレー式で使いやすいので頻繁に愛用していますが、なければ台所用の中性洗剤でも問題なく使えます。

早速窓を掃除してみましょう

バケツに水を入れる。この時一緒にウタマロクリーナーを中にスプレーして、「ウタマロ水」を作る。

ウタマロ(もしくは中性洗剤)の量は、だいたい水:ウタマロ=4:1くらいの割合で、ざっくり混ぜています。後で磨く時に泡立ちが少なければ、洗剤をプラスするくらいで大丈夫です。

ウタマロ水をスポンジに含ませながら窓を磨く

全体を満遍なく磨いていってください。この時私は、窓枠やサッシなどもついでに磨いています。

スキージーで水気を切る

スキージーがあれば、タオルで水気を拭き取る前に水気を切っていった方が、拭きムラなどもつかず仕上がりが綺麗になります。

残りの水分をタオルで拭き取っていく

窓枠やサッシも磨いていれば、その辺の水分も一緒に拭き取っていきます。これで窓洗いは終了です!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ