無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お金のプロが教える「一人暮らしにかかる費用」

節約・マネー

社会人女性の一人暮らし、どれくらい費用がかかるかご存知ですか?

これから一人暮らしを控えていて「予想できなくて不安」と思っている人も多いことでしょう。すでに一人暮らしをしている人の中にも、「今の生活費が正解なのかわからない」「生活はできているけど貯蓄する余裕がない」など、現在の生活費に疑問を抱えている人もいるのではないでしょうか?

今回は、FP(ファイナンシャルプランナー)の山本麗子さんが、社会人女性の一人暮らしにおける費目ごとの支出や予算についてレクチャー。支出を抑えるポイントもあわせてチェックし、自身の生活費を今一度見直してみましょう。

女性の一人暮らしにかかる費用は約16万円

女性の一人暮らしとなると、家賃や水道光熱費、食費などの不可欠な出費はもちろん、美容費や洋服代など自分磨きにもお金がかかってしまうのがリアルなところ。

そこでまずは、女性の一人暮らし1カ月分に必要な平均予算を、総務省統計局による2018年『家計調査』を基に計算。費目ごとに、概要や節約術などを解説します。

家賃(約33,400円)

管理費を含めた月々の家賃のことを指します。

表の家賃金額は公営住宅を含めた平均値のため安いと感じるかもしれませんが、民営住宅メインの『日本家賃動向』のデータによると全国平均が50,401円、東京都に絞ると68,582円もなります。

家賃の目安は、給料の約3割以内。

家賃は固定費になるので、契約後は努力しても節約することはできません。家賃が高い分毎月の家計が圧迫されるので、引っ越しの際、給与に見合った物件を選ぶことが肝心です。

また、更新は家賃の値下げ交渉のチャンス。同じ物件に空き部屋がある場合は、物件サイトで現在の家賃を下調べしておくと交渉しやすくなるでしょう。

食費(約32,600円)

自炊代、外食代、カフェ代、飲み代など、食事にかかった費用のことを指します。

ただし、人によっては外食費は娯楽費に、飲み会代は交際費になど、他の費目に入れる場合も。ルールはないので、自分のライフスタイルに合わせて費目分けをしましょう。

食費全体の予算を立てたら、全体を1カ月の日数で割り、1日当たりの予算を算出。外食や食材の買い物に行く際、1日分の金額だけを持っていくようにすれば、使いすぎを防止できます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ