無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[500L未満]自宅用冷蔵庫おすすめランキング5選 | 女性誌『LDK』と料理のプロが各メーカーの人気製品を徹底比較!

インテリア

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2018年10月号掲載時のものです。現在も新品として扱いがあり、価格が大幅に変動していない、もしくは安くなっている商品に限りリンクをつけています。

冷蔵庫は長く使うからこそ納得できるものを選びたい!

見た目も性能もどんどん進化し、新しいものが発売される冷蔵庫。近年では高級感のある素材を使用し、食品の鮮度維持に注力した製品が増えてきています。

各メーカーは、食品を美味しく長持ちさせる工夫を凝らしていますが、いざ買い替えるとなると、「結局どのメーカーの製品がいいのかわからない…」といった声も聞こえてきます。

そこで今回は、失敗しない冷蔵庫の買い替えを実践すべく、『LDK』が「家電批評」とタッグを組み、大手メーカー5社の冷蔵庫を徹底テストしました。

テストを行った冷蔵庫は、こちらの5台です。

・パナソニック NR-F453HPX
・日立 R-XG4800H
・東芝 GR-M470GW
・シャープ SJ-GT47D
・三菱電機 MR-B46C

まずは早速テスト結果を発表!総合1位はパナソニックでした

パナソニック
NR-F453HPX

定格内容積:450L
サイズ:幅650×奥行699×高さ1698mm

いきなりですが、今回テストした結果をまず最初に発表します。1位はパナソニック「NR-F453HPX」。圧倒的な使いやすさで、パナソニックならではのスタイルが主婦に高く評価されました。見た目も使いやすさも容量も兼ね備えた、満足度No.1の冷蔵庫です。

しかし、「大きい野菜室がいい」「作り置きしたおかずを保存したい」など、冷蔵庫になにを求めるかによって、選ぶ製品も変わってきます。そうなると、2位や3位の製品が購入対象となる可能性も十分にあります。

自分に合った冷蔵庫を見極めるためにも、今回のテスト結果をぜひ参考にしてもらえたらと思います。それでは、テストとランキングの全容をたっぷりご紹介します!

[選び方]冷蔵庫買い替え時の注目ポイントは4つ

今回は大手メーカーの冷蔵庫を5台用意し、プロ、主婦モニター、雑誌「LDK」の編集部員が1カ月間使用し、各製品の特徴や強み・弱みを検証しました。

選び方のポイントになるのは「チルド室の性能」、「野菜室の性能」、「使い心地」、「容量」の4つ。この4項目を徹底的にテストします。

ポイント1:「チルド室の性能」味と見た目をプロがチェック

冷蔵庫選びでまず重視したいのが、チルド室の性能です。チルド室は約0~2℃と、冷蔵室よりも低い温度で設定されていて、凍らない温度をキープしています。肉類や魚介類、ハムやソーセージなどの加工品、練り製品や発酵食品などの保存に適しています。

テストでは、マグロは3日、その他のものは5~7日間チルド室で保存。その後、プロが味と見た目をチェックしました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ