無料の会員登録をすると
お気に入りができます

鎌倉カフェ文化の火付け役「ディモンシュ」の絶品“プリンパフェ”

旅行・おでかけ

「ディモンシュ」の愛称で知られる鎌倉カフェ文化の先駆け

「カフェ ヴィヴモン ディモンシュ」までは、鎌倉駅東口から歩いて3分ほど。小町通りを進み、最初の四つ角を左へ。コーヒーを飲む二人の紳士の緑看板が目印です!

昔からフランスの街並みやパリのカフェが好きだったというオーナーの堀内さん。“フランスにあるギャラリーのような、風通しのいいお店を”という思いを込めて同店を誕生させたそうです。

ちなみに「ヴィヴモン ディモンシュ」という店名は、フランスの映画監督フランソワ・トリュフォー氏の『Vivement dimanche!』から。“日曜日が待ち遠しい!”という意味なんですって。

2019年に創業から四半世紀を迎えた「カフェ ヴィヴモン ディモンシュ」は、鎌倉にカフェブームをもたらした先駆けとして知られる有名店。

お店がオープンしたのは、喫茶店文化が下火になっていた1994年。当時は、まだ外資系コーヒーチェーンが日本に上陸する前で「どちらかというとコーヒーより紅茶が人気だった」と教えてくれたオーナーの堀内さん。

ではさっそく、鎌倉のカフェ文化を確立した「カフェ ヴィヴモン ディモンシュ」の魅力に迫って行きましょう!

こちらが、鎌倉のカフェブームの火付け役であるオーナーの堀内隆志さん。マスターとして日々カウンターに立ちながらも、年に最低1回は中米に豆を買い付けに行くそうです。ブラジル音楽にも精通していて、CDの選曲やプロデュースもされているんですよ(なんともマルチ!)。

2010年には、自家焙煎のコーヒーをスタート。「お店が19時に終わって、それから明け方までずっとコーヒーの焙煎をしているんですよ。本当は毎日ヘトヘトなんです」と、穏やかな笑顔で話してくれました。

オーナー自らが焙煎し、浅煎り・中煎り・中深煎り・深煎りと幅広く扱うカフェは、なかなか出合えない貴重な存在です。

オーダーが入ってから自家焙煎の豆を挽き、ペーパードリップで淹れる至極の一杯(650円~)。おかわりもOKです!(おかわりはコーヒーの種類により異なり、300円~500円)

入口の正面奥には、コーヒー豆を扱うゾーンもあります。その数、常時10種類以上。産地はブラジル、グアテマラ、ホンジュラス、エチオピア、ペルー、インドネシアなど。

一番人気は、「ブラジル・ミナス・ジェライス<サンタカタリーナ・ナチュラル 中深煎り>」100g 720円、200g 1350円。“毎日飲みたくなるような甘みのあるコーヒー”なのだそう。

たくさんありすぎて選べない……という人は、コーヒー豆に添えられたポップをチェック!「バナナのような香りとクリーミーな質感」、「まるでメロンパンのような香り」、「ココアのような香りと強めな苦味。ミルクを入れたり、アイスコーヒーでも」などと、とても分かりやすい解説がされているので、お気に入りのコーヒー豆を探す楽しみが倍増しますよ!

オリジナルマグカップ 1296円

コーヒー豆だけでなく、ミルやドリップボトル、コーヒーキャニスターなど、ひと通りのコーヒーアイテムを揃える店内。中でもおみやげにおすすめしたいのが「マグカップ」です。オリジナルデザインのロングセラー商品で、カップ8分目の量で150cc、フルでも170ccの小さめサイズ。鎌倉の大仏をデザインしたものは要注目ですよ!

自宅にいながらにして「ディモンシュ」の雰囲気を味わいたい人には、堀内さん選曲のCDを。おいしいコーヒーと心地よい音楽で、カフェタイムが一層充実しそうです。

自家製プリンが丸ごとのった9層の「プリンパフェ」

すくうごとに、ほろ苦いカラメルがとろ~りとこぼれる甘さ控えめの自家製プリン。たっぷり使用したバニラビーンズが、口の中でプチプチとおいしい食感を奏でるのも特徴のひとつです。まだまだパフェの序章なのに、プリンだけで期待値がグッと高まります!

プリンパフェ 850円

「プリンパフェ」の全貌がコチラ!自家製プリンを筆頭にバニラアイス、生クリーム、シナモン風味のクッキー、自家製バナナコンポートや自家製キャラメルゼリーなどが楽しめる、全9層の豪華な逸品です。

“ほろ苦→甘い→ほろ苦→甘い”が、バランスよく交互に押し寄せるので、プリンをひとすくいした瞬間から最後のひと口まで、飽きることなく一気に食べ進めてしまうとてつもないパフェでした。

長きにわたり「ディモンシュ」の名物パフェなのかと思いきや……、意外や意外。開業25周年記念として、2019年3月に誕生した新メニューなのだそうです。これから益々ファンが増えること間違いなし!の「プリンパフェ」。週末のランチタイムからカフェタイムは、特に混雑するので、時間をずらした来店がおすすめです!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ