無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ストレスの種類ごとに効く5つの解消法

ライフスタイル

日ごろのストレスに悩まされていませんか? ストレスの原因がさまざまなら、解決法もさまざま。今回はそんなストレス発散法を心理カウンセラーの浅野寿和さんに教えてもらいます。

そんなとき、まずは他者を承認してみましょう。

同僚に質問したときに「ありがとう。○○さんは、いつも仕事が丁寧だよね」など、お礼の言葉にひと言を添えてみてください。きっと、あなたの承認で相手は喜ぶでしょうし、あなたの言葉がまっすぐ受け止められているということは、あなた自身が承認されているともいえるでしょう。

そんなに不安になる必要はありません。あなたはちゃんと認められているはずです。

5.自分の理想と現実との乖離によるストレスなら

誰しも「理想の自分像」を持っているものですが、理想を実現することは容易ではありません。今の自分が理想的な自分になれないのには、さまざまな事情や理由があるわけです。

それでも、今の自分を「これも私だよね」と受け入れ、自分を許し受け止めると、ストレスが軽減されていきます。

ストレス耐性をつけるには

ストレスは、すべてが不要というわけではありません。「自分らしさや能力の発揮をサポートするストレス」もありますから、ストレスと上手に付き合えるように、ストレス耐性をつけましょう。

1.リラクゼーション

ストレス耐性を高めるには、やはりリラクゼーションが有効です。ストレスの要因と反対の性質を持った趣味や楽しみを行うことで、リラックス効果が見込めます。

例えば、長時間のデスクワークをしている人なら、ヨガや軽い運動を行ってみる。基本ひとりで仕事をしているなら、大勢の人とかかわる趣味を持つなどです。

ハードルが高いものではなく、気軽にはじめられるリラクゼーション方法を見つけてみましょう。

2.できることから取り組む意識を持つ

今ある状況を受け止め、「今できること」から取り組む意識を持つことが大切です。

目標達成のために同僚・仲間との対話を行うなど、現実的な対処法を取り入れることで、ストレス耐性が高まっていくと考えられます。

3.ものの見方・捉え方を変える

ストレスがプラスに作用するか、マイナスに作用するかは自分のものの見方・捉え方にもよります。プラスに作用する考え方を取り入れてみるのもいいでしょう。

例えば、なんでも白黒つけてしまう思考から、「成功したこと・良かったことを意識する」ように変える。合理的理由がない「べき思考」(〜すべき、~すべきでないという考え方)を、多様な意見を受け入れ、物事を柔軟に捉える思考へと変えるなど心がけてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ