無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[皮ごと食べられる!]春の食材「新じゃがいも」の魅力とおすすめレシピ3選

レシピ

冬の終わりが近づき、春の兆しを感じ始める頃になるとスーパーに並び始めるのがコロコロとした「新じゃがいも」。じゃがいもは1年中販売されているので、いつでも食べることができますが、新じゃがいもは旬の時期にしか味わえません!今回は、春を感じる新じゃがいもの魅力とおすすめレシピをご紹介します。

そもそも「新じゃがいも」って何?

収穫後すぐに出荷される新鮮なじゃがいも

なんと、意外にも「これが新じゃがいもだ!」という定義はないのですが、一般的には3月〜6月の春から初夏にかけて収穫されたものを、新じゃがいもと呼んでいます。通常のじゃがいもは収穫後に貯蔵されてから出荷されますが、新じゃがいもは収穫後すぐに出荷されます。

春に出回る新じゃがいもは九州産が多い

じゃがいもの生産量は約80%を北海道が占めていますが、北海道に次いで多いのが鹿児島県や長崎県で、春から夏にかけて出回る新じゃがいもの多くが九州産なのです。

通常のじゃがいもは冬から春先にかけて作付けし、秋以降に収穫、貯蔵、出荷されます。しかし、春に多く出回っている新じゃがいもは、冬に作付けし、春に収穫、出荷されるものがほとんどです。

参照:農林水産省「消費者の部屋」
(https://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/1204/01a.html)

新じゃがいもをオススメする理由

下処理が楽

通常のじゃがいもは皮が厚いため、皮を剥かないと食べられませんが、新じゃがいもは皮が薄いため皮ごと食べられます。また、皮が柔らかいので、水洗いするときに擦れば簡単に剥けるため、通常のじゃがいもに比べて下処理が楽というのも特徴の一つです。

火の通りが早い

収穫後にすぐに出荷されるため、水分量が多いという特徴もあります。そのため、通常のじゃがいもに比べて火の通りが早いです。通常のじゃがいものようなホクホクとした食感は弱いのですが、その代わりにしっとりとした独特の食感が楽しめます。しかし、水分量が多いため長期間の保存には適していませんので、購入した際は早めに食べましょう。

新じゃがいもの注目すべき3つの栄養素

ビタミンC

コラーゲンの生成を促したり、メラニン色素の合成を抑えシミやソバカスを防ぐなど、美肌作りには欠かせないビタミンC。小さいサイズの新じゃがいも1個分(約40g)には、ビタミンCが11mg含まれています。レモン果汁大さじ1杯に含まれるビタミンCが8mgですので、ほぼ同等の量が含まれています。

また、ビタミンCは熱に弱い性質を持っていますが、新じゃがいもに含まれているビタミンCはでんぷんで保護されているため、加熱による損失が少ないという特徴があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ