無料の会員登録をすると
お気に入りができます

センスの良いおしゃれ部屋になる♡大型家具を選ぶ時のポイントとは?

インテリア

たとえ気に入ったソファだとしても、置きたい部屋に運び込めなければ意味がありません。家の間口からきちんと搬入できるのか、置きたい場所の壁に凹凸がないかなど、予定している場所に置けるサイズがどのくらいなのかを計測してから探すのがおすすめです。

ゆったりと「くつろげる」デザインを

ソファは、「くつろぎ」の時間を演出する家具。ゆったりと体を預けて、心地よい時間が過ごせるかは「座り心地」にかかっています。特に背もたれの高さや、好みの硬さや柔らかさは、実際に座ってみなければわかりません。

包み込まれるような座り心地がお好みなら、頭と首を支えてくれるハイバックタイプが良いでしょう。ぜひ、見た目だけではなく体になじむ感覚も大切にデザインを選んでみてください。また、ソファでどんな風にくつろぎたいかもポイントに。たとえば、ソファに横になりたいなら肘掛けがないタイプを、足を伸ばしてゆったりと座りたいならカウチタイプがおすすめです。

大型家具の選び方3:ベッド

上質な睡眠がとれるものを

大型家具のなかでも、チェックすべきポイントが多く選ぶのが難しい「ベッド」。上質な睡眠をとることが第一の目的のため、慎重に選びましょう。以下の必ず押さえておきたい選ぶポイントを知っておけば、きっと役立つはずです。

・マットレスの硬さやサイズ
ベッド選びで最も大切になるのが、自分に合った寝心地です。眠りの専門家によると、硬すぎるマットレスは寝返りしにくいため眠りが浅くなるのだそう。実際に横になってみて、マットレスの高さや柔らかさを体感してみると良いですね。また、寝返りをうってもほど良くゆとりのあるサイズを意識してみてください。

・デザイン選びは、ライフスタイルに合わせて
ベッドには、ベッド下に収納がついたタイプや、ヘッド部分に棚があるタイプなどデザインはさまざま。お手入れのしやすさを重視するならヘッドボードがないシンプルなタイプもあります。自分のライフスタイルに合わせてデザインを選ぶと、眠りの時間がもっと心地よくなるはずです。

長く愛用できる「お気に入り」を見つけよう

お気に入りの大型家具がお部屋に入ると、暮らしやインテリアがより自分らしく豊かになります。デザイン、機能性どちらも大切にしながら、長く愛用できるアイテムを選びたいですね。あなたもぜひ、大型家具選びに悩んだら、今回ご紹介したポイントをヒントにしてみてくださいね。

photo / Shutterstock

<監修・記事執筆>

伊野 奈緒美
リフォームスタイリスト3級取得。
カラーコーディネーター2級
文部科学省後援 リビングスタイリスト2級

https://naomi-spring.com/
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ