無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[リビング整理]“買うべき収納ケース”は無印でもニトリでもなく……

インテリア

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

家族が集まるリビングはきれいをキープするのが大変……

片付けても片付けても、すぐに散らかるリビング。自分だけが気をつけていても、みんなが集まる場所だけにきれいな状態を保つのはなかなかむずかしいんです。

「出したら元の場所にしまって」と注意しても、出しっぱなしになりがちですよね。

ここでちょっと見直してみていただきたいのが、収納アイテムのタイプ。リビングはお客さまも来る場所だからと、外から見えないように扉の付いた棚や、蓋付きのボックスなどが多いかもしれません。

でもこれが、片付けしにくくなる原因でもあるんです。

インボックスを使ってラク~に片付くリビングに!

リビングは散らかりやすいのが前提。なので身近なカラーボックスやオープンシェルフを活用し、そこに「インボックス」を投入しましょう。

誰でもさっと投げ込めるようなインボックス収納なら片付けやすく、リバウンドもしにくいんです。

使いやすいインボックス選びのポイントを見てみましょう。

コツ1:フタなしで片付けのアクションを減らす

中身を隠せるフタ付きのインボックスは一見便利ですが、そこに落とし穴が。上に物を置いてしまい、さっと開けられなくなりやすいんです。またフタがあるだけでワンアクション増えるのでちょっとメンドウ。

▼フタ付きタイプ

▼フタなしタイプ

片付けのしやすさからいうとフタなしが圧倒的にラク。手間が少なく、出し入れもしやすいです。

コツ2:素材は布・紙よりプラスチックを選ぶ

インボックスは、布や紙、プラスチックなどいろいろな素材があります。100均などの布や紙のボックスは手軽で買いやすいですが、強度が弱く、重いものを入れるには不安が。丈夫で汎用性の高いプラ製を選ぶのがおすすめです。

▼布製

▼紙製

▼プラスチック製

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ