無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食卓がすぐに春気分♡桜の塩漬けの作り方とおすすめレシピ

レシピ

桜の塩漬けで食卓を春色に♡

この時期だからこそ作りたい桜の塩漬けは、食卓をすぐに春らしくしてくれる、季節感あふれるトッピングです。桜の塩漬けは自分でも簡単に作ることができます。さっそくご紹介しましょう。

桜の塩漬けを作ってみよう

使う桜は八重桜

桜の塩漬けに使うのは、花弁が重なってボリュームのある「八重桜」。五分~八分咲きのものを使うのがおすすめです。

①まずは下漬け

塩、サクラ、塩の順に重ね、重しをして1~2日放置します。これが下漬けと呼ばれる行程で、サクラの花にまんべんなく塩味をつけます。出てきた水を切り、さらにキッチンペーパーなどで水分を取り除きます。

②保存容器に入れて塩をまぶせば完成

下漬けして水分を切った桜は、再びタッパなどの保存容器に入れます。発色をよくするためにりんご酢やレモン汁を加え、塩をまぶしてなじませれば完成。数日すると、サクラのいい香りのする塩漬けになります。

食べる前にさっと水洗いを

recipe.rakuten.co.jp

桜の塩漬けは、たくさんの塩がついているので、そのまま使うと料理が塩辛くなってしまいます。使う前には、さっと水洗いをするか、手で塩を払うのがポイントです。

桜の塩漬けを使ったレシピ

炊飯器で簡単♡桜おこわ

oceans-nadia.com

炊飯器でいつも通りおこわをつくる要領で、さくらをプラスするだけの簡単レシピ。ゴマを入れることで香ばしく、さらに美味しい風味に仕上がります。

記事に関するお問い合わせ