無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[保温ランチジャーの最強は?]“4時間後のホカホカ”を比べたら…

インテリア

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

毎日の料理がもっと楽しくなる!便利な優秀キッチン雑貨をご紹介

圧力鍋やレンジ調理器、お弁当グッズなど、メインの調理器具ではないキッチン雑貨。ないならないで済むものですが、あれば毎日の料理をもっと早く楽に、そしておいしくできる優秀アイテムもたくさん揃ってるんですよ!

テストする女性誌『LDK』は、そんな地味にスゴイキッチン雑貨を集めてみました。今回は保温・保冷ができてお弁当作りもラクにできる“丼ランチジャー”のご紹介です。

丼ランチジャーはごはんと丼の具を入れるだけ!

朝の限られた時間でお弁当を作るのは大変です。おかずを考えたり詰めたりするのも億劫ですよね。丼ランチジャーなら、ごはんと丼の具をそのまま入れるだけでお弁当の完成です。汁物も入れられるので、レトルトカレーやシチューなどもそのまま使えますよ!

保温力に優れた丼ランチジャーを使えば、ランチ時でも温かいものは温かく、冷たいものは冷たい状態をキープ。1年中使えて便利なんです。

今回『LDK』では、以下2つの項目で丼ランチジャー4製品を検証しました。

・保温力
熱々のシチューとごはんを各容器に入れて、4時間後の温度を計測。

・使い勝手
蓋の開けやすさと実用性の高さをチェック。

それでは、おすすめ順にランチジャーを紹介します!

保温力で選ぶなら! スケーター「真空ステンレス丼ランチジャー」

スケーター
真空ステンレス丼ランチジャー570ml
実勢価格:3300円

▼評価

保温力
◎+


使い勝手

▼4時間後の温度
おかず:43.6℃
ご飯:48.1℃

スケーターの「真空ステンレス丼ランチジャー」は、今回テストした製品の中では、圧倒的な保温力を発揮しました。

朝詰めたのに、ランチ時でも温かいごはんやカレー、シチュー類をを堪能できますよ!

▼4時間後のご飯の温度
【スケーター】48.1℃

今回、おかずの温度を1番高く保ったスケーター。ご飯の温度も4時間後でも48.1℃と、ほかほかでした! 最下位の製品と比べて約8℃も差が付く結果に。ダントツの保温力の高さです。

▼4時間後のご飯の温度
【和平フレイズ】40.4℃

一方、今回ビリの結果となった和平フレイズは、4時間後のご飯の温度は40.4℃。イマイチの保温力でした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ