無料の会員登録をすると
お気に入りができます

片付け下手でもスッキリした家に。整理を見直したい10のものと収納法

インテリア

シューズクロークも定期的に見直したい場所の1つです。

キャンドゥのシューズケースを使うと型崩れやほこりを防いでくれ、きれいに整頓された空間へ。

ダイソーにも似たような箱型シューズケースがありますよ。

⑤オフシーズンの衣服

たっぷりの収納量を誇る無印のソフトボックスは衣類や布団などの保管にぴったりです。

空っぽのときは畳むことができ、プラスチックの衣装ケースのようにかさばることがありません。

サイズもさまざまなので収納場所に合うのものを選べます。

クローゼット収納ならIKEAの収納ケースも人気です。こちらの写真はクッションカバーを入れていますが、衣服にも◎。

上部が大きく開くので、見やすく取り出しやすいのがポイントです。

⑥引き出し

人目につきにくい引き出しの中ですが、ここがスッキリしていると気持ちがいいですよね。

無印のPP整理トレーや100円ショップのケースで仕切るだけで格段に使いやすくなり、作業時の効率化も図れます。

⑦コード類

ごちゃごちゃしがちなものNo.1といえばコード類。新しい電化小物を買うたびに増え、どれがどれだかわからなくなることも…。

100円ショップのファスナーケースに入れてラベリングすると、絡まることがなく分類できます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ