無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人間関係でストレスを溜めないたった2つの方法

ライフスタイル

また、SNSなどの非対面の人間関係では、お互いを知り合う情報がより限られています。

意図していることが伝わらなかったり、言葉がきつくなったりしがちで、うまくコミュニケーションできなくてストレスになることがあります。

(2)他人を優先し過ぎる

人に気を使えるのは素晴らしいことですが、度が過ぎると自分に負荷が掛かります。

人の顔色をうかがったり、機嫌をとって相手に合わせたり、人に気を使い過ぎていると、相手を優先するのが当たり前になっていきます。

自分でも気が付かないうちに、自分の考えや気持ちを抑え、言いたいことを飲み込んで、ストレスが蓄積されていきます。

また、「みんなのために」「自分さえ我慢すれば」と自己犠牲をするタイプも、「なぜ自分だけ?」「私ばかり損をしている」といったストレスを溜めやすいです。

(3)自己有用感の不足

自己有用感とは「自分の属する集団の中で、自分がどれだけ大切であるかということを自分自身で認識すること」です。

他人との関係で「役に立った」「感謝された」「認められた」など、自分が必要とされていると思えると幸せを感じやすいものです。

その対極にあるのが「役に立っていない」「迷惑になっている」といった感情で、これらがストレスの原因になります。

自己有用感が不足すると、自分の居場所がないように思い、孤独を感じます。

(4)頑張りすぎてしまう

責任感が強くて「自分が何とかしなければ」と抱え込み、人を頼ることが苦手なタイプは、一人で頑張りすぎてしまう傾向があります。

人から頼まれると断らずに引き受ける、期待されると無理してでも頑張る、自分が辛くても人の相談に乗るといったことを続けていると、やがて限界がきてストレスフルになります。

(5)人と比較する

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ