無料の会員登録をすると
お気に入りができます

悩みが解決し生産性が上がる!頭や心を整理する「ジャーナリング」習慣のすすめ

皆さんは、自分のことをどのくらい知っていますか。日々何を感じ、思い、考え、どんなことを求めてどんな意欲があるのか、そんな自分自身と向き合う時間は一日にどのくらいあるでしょうか。今回は英国ロンドン生まれの雑貨ブランド「Rex LONDON」で紹介されていたジャーナリングについてご紹介します。

ライフスタイル

ジャーナリングとは

英語(journaling)では日記という意味がありますが、心や頭に浮かんだことをただノートに書き出していくというもの。文字でも絵でも、色でも構いません。自分自身の"今"に集中することから、書く瞑想とも呼ばれています。マインドフルネスの一つとして海外ではメジャーなアクティビティとなっています。初めはだいたい5分から15分間、時間を計って必ず毎日書いていくことがおすすめされています。

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

ジャーナリングのメリット

自分自身を知ることができる

思いや考えを書き出し知ることで客観的に自分を見ることができます。普段どんな時にどんな感情を抱くのか自分の心の癖がわかるようになり、より自分を理解することに繋がります。自分を知っていれば、対処することや工夫することもできるはず。

悩みや問題の解決になる

楽しいことや嬉しいことはもちろん、悲しみや怒りネガティブな気持ちになる時もあります。モヤモヤ・イライラすることを書き出すことでストレス発散になり、また問題を理解することで解決にも繋がります。

生産性が上がる

問題を理解しストレスを軽減することで、頭や心のざわつきを整理することができ、日頃の生活や仕事を効率的に行うことができます。またプランが立てやすくなり、スムーズに物事を進めていくきっかけとなります。

ジャーナリングを始めるための8つのこと

ただやるだけ

難しく考えず、紙とペンを用意して親友と話すようにジャーナリングしてみましょう。それでも難しいようであれば、一日一文や感謝していることを3つなど書き出してみるのも良いでしょう。

空白のページを気にしない

それでも空白のページを見て気が遠くなるようであれば、マスキングテープやマーカーを使って自由に書いてみましょう。

自動化にする

毎日同じ時間にリマインダーをセットして習慣にしましょう。あるいは、キッチンに置いておき、お茶を入れている間に行いましょう。

クリエイティブに行う

いたずら書きのように活用しましょう。アーティストになろうと思わなくて良いのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ