無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家事が楽になる動線が理想♪素敵ハウスに住んでいる方の家事楽動線をのぞき見!

インテリア

こちらの方は洗面所とキッチンの間の壁に、3つのフックを取り付けているそうです。

肌寒い時期には、はおりを掛けておいたり、エプロンやエコバッグなどよく使うものを吊るしたりしておけば、無駄な動作が減りますね。

シンプルなフックなので、インテリアにも馴染んでくれます。

すぐ出し入れできるように収納する

こちらの方はキッチンの壁にバーを取り付け、キッチンツールやお鍋のふた、まな板などをオープンに収納されていますね。

キッチンだけにかかわらず、どれだけ動線数を減らして収納できるかがポイントになります。

使うものを使う場所に収納する

玄関のシューズクロークには、たくさんの掃除用品を吊るして収納されていますね。

使うものを使う場所に収納することを心掛けるだけでも、ぐっと暮らしやすくなるものです。

特に掃除用品は出し入れしにくい場所に収納してしまうと、掃除自体面倒になってしまうので要注意。

玄関先を活用する

こちらの方は、子供のランドセル収納スペースを玄関に設けています。

大人でも片付けるのは大変なので、子供なら尚更片付けが得意ではありませんよね。

そこで、玄関先にランドセルなどの学用品を収納するスペースがあれば、部屋の中がぐちゃぐちゃになりません。

玄関先にバッグを収納する

部屋の中にバッグを持って入るのではなく、玄関先にフックを取り付け収納する仕組みにしておくと、リビングがごちゃつきません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ