無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[連載]高コスパな《ニトリ&IKEA》の花瓶♪夏まで飾って楽しめるグリーンで涼しげ森林浴気分

インテリア

だんだんと蒸し暑くなってきて生花を長く楽しむのが難しくなってきましたね。そんなこれから夏に向けての季節に大活躍なのが枝ものグリーン!

folk-media.com

こちらの枝ものも枝が細目なので、通常の花バサミでもカットできると思います♪

初夏の時期は葉がたくさんついていますが、春先に出回る頃は黄色い小さな花を付けていて、その姿もとても可愛らしい枝ものです。

folk-media.com

続いては、ちょっと異色の枝ものをご紹介します。スモークツリー。ウルシ科ハグマノキ属の落葉樹です。

スモークツリーは、まずそのユニークな姿が特徴ですね!モクモクと上がる煙のような葉をつける様子からその名前が付いたようです。

folk-media.com

スモークツリーは、ドライフラワーでも楽しめる枝もの♪

花瓶に活けて楽しんだ後は、スワッグに束ねたり吊るしたりと、色々なアレンジが出来るのも嬉しいですね。

folk-media.com

最後にオススメしたい枝ものは、ブルーベリー。ツツジ科スノキ属の低木果樹。

こちらもちょっと異色な実がついた枝ものグリーンです。背が低めな植物なので、大きな花瓶ではなくても大丈夫。扱いやすいグリーンなのも嬉しいですね。

folk-media.com

出始めの頃はグリーンの実が付いているのですが、飾っていくうちに徐々に紫色に変化する様子が見られることもありますよ。

枝ものグリーンを活けるのにオススメな花瓶はコレ♪

folk-media.com

枝ものと通常の生花との違いは、まずそのサイズ感にあります。

枝は長いと1mくらいのものもあり、普段使いの花瓶だと枝ものを活けるのが難しいことも…。

枝ものをこれから飾っていきたい方は、ぜひ枝を活ける用の花瓶を用意しておくのがオススメです。

ある程度背が高くて口が狭くなっている花瓶は、細い枝ものを活けるのにピッタリですよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ