無料の会員登録をすると
お気に入りができます

どれも同じと思ってた!「ニトリ370円」から一生浮気しない!「大物洗いの困った」を永久解決

インテリア

こんにちは、ヨムーノライターの小町ねずです。

使用しているラグの大きさや洗濯機の容量を確認しておきましょう。

おすすめポイント1 ラグの洗濯に適した円柱型

洗濯ネットの形には、大きく分けて角形と円柱型があります。
一般的なのは角形ですよね。角形は、型崩れを防ぎたいものや、絡まりやすいものに使いたいタイプです。

一方、円柱型は立体的な構造をしているので、洗濯ネットの中で洗濯物が泳ぎやすいのが特長。
洗濯物が泳ぎやすいということは、汚れが落ちやすいということ。食べこぼしのような汚れがついているラグには、汚れ落ちが良い円柱型が適しています。

おすすめポイント2 ネットの目が粗い

ネットの目はかなり粗めです。

ザックリとしていますよね。100均で購入した毛布用の洗濯ネットと並べてみると、その差が一目瞭然です。

左側がニトリのラグ用ネット、右側が100均の毛布用の洗濯ネットです。

目が粗いネットは水を通しやすいので、ザブザブと洗いたいものに適しています。ラグは生地がしっかりしているし、汚れをしっかり落としたいので、粗めネットが正解。
ちなみに、目が細かいネットは糸くずなどの付着を防ぎたいものやデリケートな素材のものに向いています。

実は、100均の毛布用のネットも円柱型の大型タイプ。直径40cm×高さが40cmとニトリと比べると一回り小さいけれど、ラグを入れることは可能なサイズです。

「これでも良いのでは?」と思いましたが、やっぱり用途に合った洗濯ネットが適しているんですね。
目が細かいネットだと、ラグの内側までしっかり洗えない可能性があります。

ニトリ「ラグが洗える円柱型洗濯ネット」の使い方

基本的には普通の洗濯ネットと同じように使えば良いのですが、ちょっとしたコツがあります。

【使い方の手順】

1. 洗濯ネットに入れる前に、コロコロや掃除機などでラグについたゴミを取っておきます。

2. 弱水流の設定で洗うので、頑固汚れはどうしても落ちにくくなります。シミなどのひどい汚れがついている場合は、下洗いをしておきましょう。

3. ラグを丸めて、洗濯ネットに入れます。

4. あとは、洗濯表示に従って洗濯するだけ。脱水もネットに入れたまま行います。

ラグの大きさは190cm×190cm。
ちゃんと入るか不安でしたが、丸めて入れるとかなり余裕がありました。もう少し大きいラグを買っても使えそうですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ