無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「フィーリングが合う人」の正体

恋愛・結婚

「フィーリングが合う人が好き」。そんな発言を聞いたことはないですか? フィーリングとは一体何なのでしょうか? フィーリングの一般的な意味と恋愛における意味について、マジシャン兼催眠心理療法士の浅田悠介さんに教えてもらいました。

一体この発言にはどんな意味があるのか気になりますよね。ひもといてみたいと思います。

(1)お互いを尊重するような恋をしたい

言わんとするのは、こういうことだと思います。

フィーリングを重視するのは、その果てに「お互いを尊重するような恋をしたい」からだと。そして願わくば長続きする恋がしたい、というふうに。

内面性を重視する人には「そろそろ安心したい願望」があります。それがフィーリングという言葉になって表れたのですね。

(2)過去にフィーリングの不一致があった

邪推もできます。

過去に「フィーリングが大事だ」と思わせるほどの何かがあったのかもしれません。

外見だけで選んで失敗した、めちゃくちゃ傷つけられてつらかった、など。だからこそフィーリングや相性を重視するようになった、ということも考えられます。

相手が発言をした時には「そう言わせるものは何だろう?」と考えると分かることもあります。

(3)特に好みは無い

特に好みが無いからそう言った可能性もあります。

あるいは「外見や学歴などのステータスに興味が無い」ということもあるでしょう。ある程度、条件を隠していることもあるでしょうけれども。それよりは性格や相性といった見えないものを大事にしているわけです。

どんな人間に惹かれるのかを、考えきって(言語化して)いない可能性もあります。

ゆえに、いつも何となくで判断している、というわけです。ふわっとした言葉で濁すといいますか。答えられないのですね。

もちろん一周回って「フィーリングが大事だよね」と語るモテモテ人間もいます。あくまで参考までに考えてくださいませ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ