無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[憧れのくびれをゲット]お腹の脂肪の落とし方3つ

美容

お腹周りについてしまった脂肪って、なかなか落ちないですよね…。薄着の季節になると特に気になるお腹周りに、お悩みの方は多いと思います。その解決方法は、「食事」と「有酸素運動」と「腹筋運動」の3つの方向からアプローチするのが効果的だと言われています。今回はお腹の脂肪の落とし方について詳しくご紹介します。

脂肪がつく原因は?

女性の体は脂肪がつきやすい

女性は体の構造上、子宮などの大事な器官を守るためにお腹周りに脂肪がつきやすいと言われています。さらに、ホルモンバランスの乱れによって腰が冷えやすくなることも原因となります。

姿勢の悪さが原因!

お腹周りの筋肉は、正しい姿勢を保つために使われています。しかし、猫背などの悪い姿勢が原因で、お腹周りの筋肉が使われなくなり、筋肉を衰えさせてしまうので、脂肪がつきやすい状態になってしまいます。さらに、内臓を支えることもできなくなるため、内臓が下がってぽっこりお腹を作ってしまう可能性もあります。

運動不足や加齢

お腹周りは、意識しないと動かすことが少ない部分なので、脂肪がつきやすいと言われています。また、加齢や運動不足によって、基礎代謝が低下することでも、脂肪がつく原因になります。

背中の贅肉の原因は○○!【たったの10分でOK!】美しい背中につながる背中ダイエットって?

1:まずは食生活を見直してスッキリお腹に!

栄養バランスのいい食事を

ダイエット中は、摂取カロリーを減らそうとして食事を抜いたり、炭水化物を控えたりするなど、極端な食事制限を行いがちです。

しかし、このような食生活を続けると、太りやすい体質になるうえに、リバウンドやダイエット挫折を招く恐れがあるので注意が必要です。健康的に美しくやせるのに重要なのは、栄養バランスが整った食事を3食しっかりと食べることです。

たんぱく質を積極的に摂ろう

脂肪を燃焼させるには、筋肉が欠かせません。しかし、ダイエット中は食事制限などにより、たんぱく質は不足しがちです。このため、ダイエット中であれば特に、たんぱく質の摂取を心がけて、筋肉量をキープして代謝アップを目指しましょう。

野菜をしっかり食べよう

野菜には、ダイエットには欠かせないビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。特に食物繊維は、血糖値の急上昇を抑えて太りにくくしてくれるほか、お腹の調子を整えて便秘の改善に役立ってくれることから、ダイエット効果だけではなく美肌作りや免疫力アップなどにも役立ちます。

また、食事の前に野菜を食べることで、お腹が満たされて無駄な食べすぎ予防にもなると言われています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ