無料の会員登録をすると
お気に入りができます

広さやお洒落感が生まれる!「壁紙チェンジ」は家具の買い替えより効果的

余計なものは置かずにシンプルな空間にしているのに、なんだか部屋に広がりを感じないし、味気ない。物を増やさずに、そんな悩みを解決できるのが実は「壁紙」です。日本人だとすぐには発想しにくい壁紙活用について、その効果を聞きつつ素敵な事例を見せてもらったので、ぜひ模様替えの参考にしてください。

インテリア

海外と比べて、日本人は壁の使い方が下手だと言われいます。「日本の住宅は梁が出ていることや部屋の狭さのため、必然的に広い壁も少ないです。だから、壁をアレンジするという発想も湧きづらく、壁紙もつなぎ目を気にする必要がないシンプルなものが多く採用されています」(WhO・近藤浩正さん 以下同)

https://whohw.jp/

今回話を聞いた「WhO」は、

色やサイズなどのオーダーを受けてから制作する、受注生産の壁紙メーカー。アーティストとコラボした大きな絵画のようなデザインなど「他にはない大胆な壁紙も見つかる」と、住宅業界やインテリア業界から注目を浴びています。「生活をしていて視界に最も大きく飛び込んでくるのが壁です。つまり、ここを変えればお部屋の印象をガラリと変えることができるんです。また、選び方によっては部屋を広く感じさせることもできますよ」(WhO・近藤浩正さん 以下同)

部屋の1面をアクセントクロスに
替えるだけで単調な空間にリズムが

「四方が真っ白なままだと空間が間延びして、メリハリのない場所に。1面だけ色や柄の入ったものにすると全てが白で囲まれているより、奥行き感のある空間になるんです。基本的にはお好きな色や柄を楽しんでいただけたらと思いますが、いきなり大胆な柄は…という方には、白をベースとしたデザインを選ぶとなじみつつ、広がりを感じさせる空間にできますよ」

リビングから見える階段横の白壁をカラフルな壁紙に一新。一部分に色が入るだけで、空間にリズムが生まれます。ポップな色の組み合わせの壁紙も、一面だけならうるさくならず、逆にリビング全体に日差しが差し込んでいるかのような演出ができ、明るい部屋という印象を与える効果も。

寝室の1面を単色のアクセントクロスに。グレーを一面入れるだけで、部屋に奥行きが生まれます。四方を白壁で囲うより、落ち着いた雰囲気に。

ベッドも兼ねたリビングのソファスペースに海をイメージしたデザインの壁紙を採用。水平線の広がりが目線の位置に入るデザインだから、空間そのものに広がりが生まれます。1面だけ異なる壁紙を使うことで例えばここなら「くつろぎスペース」というように、視覚的にゾーニング効果も狙えます。

WhOでは、四六判サイズの木板に壁紙を貼り、立てかけるアイデアも提案しています。絵のように引っ掛けたり、飾り方もさまざま。写真は、とあるホテルの小さなロビーの実例。チェストと壁の間に立てかけるだけで、空間全体にメリハリが出て、にぎやかで楽しい雰囲気に。この方法は賃貸でもすぐにまねできるのでおすすめ。(※クライアント/設計デザイン:株式会社BARE NOTE STUDIO)

錯覚を利用した絵柄選びで広く見せる!

大胆な柄や濃色の壁紙は圧迫感が出てしまい、洒落感はあっても広く見せるのには逆効果だと思いがちですが、それは間違い。「視覚の錯覚を利用すれば、鮮やかな色柄であっても部屋を広く演出することは可能です。縦の広がりを作りたいならストライプ、横を広く見せたいならボーダーを取り入れるのが簡単です」

海の風景をモチーフにしたデザイン壁紙をリビングの1面に。ボーダー柄のように規則的ではないものの、視線が横に広がるデザインは、感覚的に部屋の幅を広く感じさせてくれます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ