無料の会員登録をすると
お気に入りができます

広さやお洒落感が生まれる!「壁紙チェンジ」は家具の買い替えより効果的

インテリア

余計なものは置かずにシンプルな空間にしているのに、なんだか部屋に広がりを感じないし、味気ない。物を増やさずに、そんな悩みを解決できるのが実は「壁紙」です。日本人だとすぐには発想しにくい壁紙活用について、その効果を聞きつつ素敵な事例を見せてもらったので、ぜひ模様替えの参考にしてください。

写真のような変則ストライプ柄でも、視線が上下に動くので空間の広がりを演出することが可能です。自然を感じさせるアースカラーを選ぶことでカジュアルになりすぎず、落ち着いた雰囲気を演出可。無機質なオフィスの会議室も親しみやすい空間に。

ダイニングスペースの1面を白ベースの波柄でアクセントクロスに。横に見えるキッチンカウンターや家具が白なので、壁も白だと全体が単調に。左右に走る柄のおかげでメリハリがつくだけでなく、横の広がりが強調されて広さを感じさせることができます。

最近人気なのが、腰の高さより下だけに柄が入った壁紙。上部は白で抜けているので、広く感じるのに加えて、柄のくどさや圧迫感がないことも特徴です。また、視線を上にずらせばシンプルな白なので、1面全てに柄が入っているものより、飽きがこないのも◎。

アイデア次第でこんなユニークな使い方も

壁を単色のボタニカル柄で飾ってから、作り付けの本棚を設置。格子状の隙間からのぞくボタニカルデザインもアースカラーなので主張しすぎず、物が置かれていなくても妙な間を感じさせないところがメリット。柄の壁紙に挑戦してみたいけど、ちょっと勇気が出ない…という方はこんな取り入れ方がおすすめです。

金沢にある町家の一室。趣きある和室のふすまに採用したのは、正六角形のハニカムモチーフ。古い和室にモダンさが加わりました。一般的なふすまの幅とWhOの壁紙の幅が同じなので、DIY初心者でも簡単に張り替えられるので、まねしやすいアイデアです。

・・・・・

家具のレイアウトや断捨離することでしか部屋の広さは確保できないと思っていましたが、壁紙選びで空間の広がりを演出できるとは目からウロコでした! 壁紙の張り替えというと金額の負担も大きいイメージ。張り替え作業は職人に別途依頼をかける必要もありますが、壁紙自体の購入はWhOだと10㎡で3、4万円〜とのことなので、DIYならそれほど予算がなくてもできそうです。おうち時間の快適度アップを目指し、検討の余地ありですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ