無料の会員登録をすると
お気に入りができます

京都に誕生した新しい「エースホテル」はおしゃれアート体験が叶います

改装のために2016年から閉館していた新風館が、2020年6月にオープン。その目玉となるのが、1999年にアメリカ・シアトルで創業し、現在はアメリカに8店、イギリスに1店を展開するエースホテル。アーティストが泊まる宿として生まれたため、随所にその地域の特徴を生かしたアートを見ることができます。アジア初出店となるエースホテル京都を早速訪ねました。

旅行・おでかけ

1926年竣工の建物の一部を活かした風情ある空間

新風館があるところは、かつては1926年に竣工した旧京都中央電話局がありました。その建物を生かして生まれた商業施設が新風館です。中庭を挟んで、当時の建築部分を活用した旧棟と新築棟があります。

内装デザイン監修はコミューンデザイン、建築デザイン監修は、建築家・隈研吾氏が担当しました。ロビーの天井には京都の杉を使った木が組まれ、無数の照明がきらめいています。ホテルのコンセプト、「East Meets West」のとおり、ハイセンスな東洋と西洋のフュージョンが感じられます。
ホテルは旅人が利用するだけでなく、「地域のコミュニティの場」であるという考えから、ロビーには椅子とテーブルが並び、Wi-Fiと電源が自由に使えます。訪れる人に快適な空間を提供するパブリックスペースがあるのは、機能性を追求しがちな都心のビジネスユースのホテルとはひと味違う魅力です。

ロビーエリアにも、鹿児島のしょうぶ学園によるアートが飾られています。館内を移動するたびに、思わず写真を撮りたくなる光景に遭遇して、わくわくが止まりません。

和洋折衷、モダンなスイートルーム「たたみスイート」

新棟にあるたたみスイートは、畳敷きの小上がりでくつろげるバリアフリーの部屋で、布団を敷いて4人が泊まれます。部屋に入ると目に飛び込んでくる壁のタペストリーは染色工芸家・柚木沙弥郎氏の作品です。

ソファーに座って天井を見上げると、不思議な形の照明。ふわふわと漂う雲をイメージさせる作家・清原遥氏の作品なのです。

鹿児島のしょうぶ学園のアートを使っているのは、洗面所のソープを入れる小皿。アメニティはゴミ削減のために、竹の歯ブラシとタブレットの歯磨き粉が据え付けられています。

ミニバーに設置されているカップ類、鎬(しのぎ)模様の湯呑は笠間焼・額賀章夫氏、スリップウェアの小皿は益子焼・伊藤丈浩氏の作品です。現代の作家が作る日本の伝統工芸品が使われているのも魅力です。

音楽好きにはレコード据え付けのヒストリックツインを

旧館のツインルーム、ヒストリックツインは48平方メートルの部屋。このタペストリーも柚木沙弥郎氏のもの。部屋に合わせてデザインが違うのも面白いです。

このタイプのお部屋にはレコードプレーヤーとおすすめのレコードが据え付けられています。レコードは部屋によって違う曲がセレクトされているのもお楽しみ。デジタルとは違うレコードならではの音を楽しめるなら、連泊して部屋でゆっくりすごしたくなります。

この部屋にはギターと楽譜も置いてありました。全部の部屋にあるわけではないので、弾きたい人は予約時に確認しておきましょう。

何気ない場所にもアートがあって、目が釘付けに!

宴会場があるフロアのクロークも閉まっている状態で、こんなにダイナミックな絵が描かれていました。丹羽優太(Yuta Niwa)氏の作品です。

宴会場に入るウエイティングスペースもアーティスティック。まわりのアートを話題に話が盛り上がりそうです。

旧棟は古い洋館ならではの高い天井が残されており、古い柱と新しい柱が混在するさまも美しいですね。

アメリカの人気シェフが監修した料理を堪能

PIOPIKO

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ