無料の会員登録をすると
お気に入りができます

疲れが取れない…それ、クーラーの効いた部屋が原因かも。夏後半を乗り切るために、今やるべきこと

今年も暑い日が続いていますね。そのせいか、ここ数年熱中症対策のために、クーラーを24時間冷房を付けっぱなしにしている、というご家庭も多くなってきました。快適なのはわかるのですが、冷房に当たりすぎるのは要注意。最近なんだか、体がだるい、肩こりや頭痛がする……こんなサインがあるなら、生活の見直しが必要です!

ライフスタイル

なんとなくだるい、夏疲れの原因

www.photo-ac.com

冷房の何が悪いの? と思う方も多いと思いますが、悪いのは冷房ではなく、それにより体の自発的な動きを止めてしまうこと。夏になると、私たちの体は無意識のうちに、気温に合わせて体内の熱を逃がそうと発汗し、体温を下げようと行動しています。その無意識の行動が、冷房によりバランスが崩れる(自律神経が乱れる)ので、明らかな病気ではないのに、何となくだるい、疲れる、頭が痛いという、体調不良を引き起こしているのです。

食べやすさ優先の食事はNG!

冷房による体調不良は、同時に食欲不振を引き起こしがち。
そのため、冷たい麺類やなど、栄養価よりも喉越しや、さっぱりしたものを優先し、飲み物も冷たいものを選択してしまうことも多いでしょう。その結果、栄養が偏ったり内臓も冷えて動きが鈍くなる等、ますます夏の体調不調が増長されてしまう、というわけなんです。そんな自律神経が乱れた体に必要なのは、免疫力! あまり知られていませんが、実は体内の約7割の免疫細胞が集中している場所は「腸」なんです。だから、腸内環境を整えることで、自然と免疫力がアップします!

常備菜で元気復活!

www.photo-ac.com

免疫力を高めるためには、腸内環境を整える食物繊維と免疫細胞を活性化してくれる「βグルカン」を豊富に含む食材を食べることがポイント。この2つの条件を満たしているのが、「きのこ」なんです。

理想は、汗をかきやすいよう、お鍋や温かい料理をおすすめしたいのですが、食欲不振中なら、お手軽な常備菜を作っておくのがおすすめ。さっぱりした夏の食事にプラスするだけで、「βグルカン」の働きで自律神経が徐々に整って、猛暑を乗り切れる体に仕上がります。

きのこを使ったおすすめ常備菜①きのことなすのスタミナ漬け

www.hokto-kinoko.co.jp

≪材料4人分≫

ブナシメジ:100g
エリンギ:100g
なす:2本
塩:小さじ1
にんにく:1片
酢:大さじ2
砂糖:大さじ1
赤唐辛子(輪切り):1本分

≪つくり方≫

(1)ブナシメジは小房に分け、エリンギは食べやすい大きさに切る。なすは縦半分に切り、1cm幅の斜め切りにする。にんにくはすりおろす。

(2)きのこは耐熱容器に入れラップをし、電子レンジ(600W)で4分ほど加熱し、粗熱をとる。

(3)なすは塩もみし、水気を絞る。水気を切ったきのことにんにく、酢、砂糖、赤唐辛子を混ぜ合わせ、30分ほど漬ける。

きのこを使ったおすすめ常備菜②きのこダネで人参しりしり

www.hokto-kinoko.co.jp

≪材料4人分≫

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ