無料の会員登録をすると
お気に入りができます

京都のかわいすぎる手毬シュークリームで#おうちカフェがランクアップ!

京都の有名バリスタがプロデュースするシュークリーム専門店「amagami.kyoto(あまがみ きょうと)」の合言葉は“食べちゃいたいほど愛してる”。あんこ、フルーツ、メレンゲとさまざまな素材でデコレーションされた手毬シュークリームは8種類のみ。味も折り紙つきで、手土産にしたら喜ばれること間違いなしです。もちろんイートインもできますよ。

旅行・おでかけ

オフィス街の駅から徒歩1分なのに、迷ってしまう隠れ家的カフェ

「かわいすぎて食べられない〜」とSNSでも評判のシュークリーム専門店「amagami.kyoto」があるのは、オフィス街、地下鉄四条駅の5番出口から徒歩1分。それなのに京都に住んでいる人でもどこ?と迷ってしまう、隠れ家的スポットです。

一方通行の方向に40mほど歩くと左手に、建物の壁と壁の間に小さな路地があります。路地を突き当たりまで進むと右手に見えてくるのが、手毬シュークリーム専門店「amagami.kyoto」。

店をプロデュースするのは、「ジャパンバリスタチャンピオンシップ2008-2009」で優勝するなど数々の実績を持ち、京都市内に喫茶2店舗を経営する人気バリスタの岡田章宏氏。

いつもスマートな笑顔で珈琲を淹れる岡田氏、実は甘いものが大好きで、なかでも一番好きなのがシュークリームなのだとか。その岡田氏が出会ったのが、才能にあふれる若きパティシエの駒井惇希(こまいあつき)さん。

カナダのレストランで働きながら、世界各地からやってきたパティシエに学び、自らもフランス、イギリス、アメリカ…と世界を旅して製菓技術やお菓子の見せ方を吸収。ここ「amagami.kyoto」で溜め込んだ経験と技術を思う存分アウトプットされています。

特注ショーカスに並ぶのは常時8種類のみ!絞り込まれたamagamiシュークリーム

店内に入ると正面にあるのは、かわいいモロッカンタイル貼りのショーケース。見た目ビューティーなだけではなく機能的で、表面のガラスに冷風が送られてケース内がいつもクリアに見通せるようになっています。

そしてこのショーケースのステージに立てるシュークリームは常時8種類のみ。神7ならぬ”amagami8”。京北町の「吉田木工」が造形し、「京桐工芸漆工房」が漆を塗って仕上げた皿に置かれたシューは、1つずつの存在感はもとより、ショーケースに8つ並んだときのバランスを計算しながらデザインされているそう。

定番6種と季節のフルーツシューが2種類ありますが、定番のものも春夏と秋冬で衣替えをするなど、この小さなショーケースの中にこだわりと遊びゴコロが詰まっています。

イートインは1オーダー制。珈琲・紅茶(hot/ice)、オレンジジュース、アップルジュース各480円、カフェラテ(hot/ice)550円

サイズ小さめのシュークリームは、ドリンクとセットで760円〜。「珈琲だけじゃ物足りないけれど、ケーキを1つ食べるのは重い」という人にも、「1つじゃ足りない!いろんな味を試したい」という人にも、どちらにもぴったりのサイズ感です。

オープンから1カ月のシュークリームランキングを発表!

左上から時計周りにパイナップル420円、珈琲320円、チョコ380円、キャラメル360円、檸檬380円、抹茶420円、カスタード280円、桃460円

選抜メンバーのみのamagamiシュークリーム。どれを選ぶか迷いますよね。そこで開店から約1カ月現在の人気ランキングを伺いました。1位は王道、カスタードシュークリーム。個人的にも大好きな味。

カスタードシュークリーム280円

絹のようになめらかなカスタードには、赤道直下の秘境の地で栽培された最高級のバニラビーンズがたっぷり。卵や砂糖などの配合ももちろんですが、このバニラビーンズがカスタードの味を格段に際立たせるそう。絶品のカスタードクリーム、このシューにしか入っていないのです。2つ注文するなら、必ずそのうちの1つにしたい一品。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ