無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[徹底比較]泥やファンデに強い「洗濯用固形石けん&洗剤」は?ウタマロ、スクラバーなど4つの汚れ落ちを比較

「お気に入りの洋服の日に限って、脱ぐときにファンデーションやリップがついちゃった……。」「部活後の子どもの靴下の汚れがひどくて、洗うのが大変……。」など、手強い汚れを目の前に、洗濯にまつわるお悩み

ライフスタイル

今回比較する洗濯用固形石けん&固形洗剤は、こちらの3種類!

今回比較した洗濯用固形石けん&固形洗剤は、
・株式会社東邦「ウタマロ石けん」
・株式会社ブルーキ「ブルーキーネット」
・NSファーファ・ジャパン株式会社「ランドリースクラバー」
の3種類。
それに加え、万能な粉末洗剤として人気の「オキシクリーン」も併せて、全4種類での比較です。

〈比較する項目〉
①洗浄力、②使いやすさ、③保管方法、④香り、⑤コスパのよさ
〈汚れの種類〉
①泥汚れ、②醤油、③ケチャップ、④ファンデーション、⑤口紅、⑥ボールペンのインク
〈方法〉
それぞれ、綿100%の布に汚れを付着させてから30分後に、固形石けん(固形洗剤)で10回程度もみ洗いをした結果で比較します。オキシクリーンについては、20分つけおき後にもみ洗いをします。

洗濯固形石けんの使用方法は?

今回使用した洗濯固形石けん(固形洗剤)の使い方は、すべて同じです。
1. まずは、汚れた部分を水で濡らします。

2. 汚れた部分に、洗濯固形石けん(固形洗剤)を軽くこすりつけるようにして塗ります。

3. しっかりと泡立て、もみ洗いをします。もみ洗い後は水ですすぎ、いつもどおりに洗濯機で洗って終了です。

一般的な洗濯用固形石けんは、この方法でピンポイントに汚れを落とすことができます。
汚れがひどい場合は、固形石けん(固形洗剤)を塗ってもみ洗いをした後に、水またはぬるま湯につけおきすると落ちやすくなるようです。

除菌・消臭効果がほしいとき、手肌へのやさしさを重視するなら「ウタマロ石けん」

株式会社東邦「ウタマロ石けん」

品名: 洗濯用石けん
成分: 純石けん分(98%、脂肪酸ナトリウム)、蛍光増白剤
用途: 靴下やユニフォームについた泥汚れ、シャツのエリ・ソデ汚れ、普段着についた化粧品汚れ、食べこぼし汚れなど、通常の洗濯では落ちにくいガンコな汚れの部分洗い
製造時重量: 133g
原産国: 日本

サイズ: (約)縦5.5㎝×横9.5㎝×高さ2.5㎝

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ