無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[徹底比較]泥やファンデに強い「洗濯用固形石けん&洗剤」は?ウタマロ、スクラバーなど4つの汚れ落ちを比較

ライフスタイル

「お気に入りの洋服の日に限って、脱ぐときにファンデーションやリップがついちゃった……。」「部活後の子どもの靴下の汚れがひどくて、洗うのが大変……。」など、手強い汚れを目の前に、洗濯にまつわるお悩み

〈6つの汚れを洗った結果〉

ケースに入れての保管が望ましいです。

株式会社東邦から発売されている「ウタマロ石けん」は、生活の中のさまざまなガンコな汚れを簡単できれいに落とせる部分洗い用洗濯石けんです。
主成分である石けんは、生分解性が高く自然環境にもやさしい成分。外食産業などで使用された食用油を回収・精製したリサイクル油を使用し、エコな石けんとしても知られています。
除菌(※)、消臭効果もあるので、運動靴や上履き、靴下など、においの気になるアイテムへの使用もおすすめされています。
※すべての菌を除菌できるわけではありません。

◼︎ 洗浄力
6つの汚れは、すべて落ちました。その中でも、泥汚れ、ファンデーションの汚れが特に落としやすかったように感じます。
※蛍光増白剤入りなので、白をより白く見せる効果も。生成りやオフホワイトなどの淡色のものには向きません。
◼︎ 使いやすさ
3つの固形石けんの中では、1番大きなサイズ感。手の小さな方は、握ったときに力が入りにくいと感じる場合もありそうです。ナイフなどで半分にカットしたほうが使いやすいかもしれません。
溶けやすい石けんなので、さほど力を入れなくても生地に塗ることができます。生地へのあたりがソフトなので、生地が傷みにくいと思います。ムラなく塗るコツは、力加減を一定にすることです。
◼︎ 保管方法
溶けやすさがゆえに、そのまま洗面台に置いておくのは避けたほうがよさそうです。100円ショップなどで販売されている石けんケースに入れて保管するのがおすすめ。
◼︎ 香り
さわやかなハーブ系の香りがほんのり感じる程度です。
◼︎ コスパのよさ
ドラッグストアやオンラインショップで、100円から150円前後で販売されています。100円の石けんケースと併せて購入しても200円台に(LOFTや東急ハンズでは、ウタマロ石けん専用のケースも販売されています)。1個で数か月使えるので、コスパに優れています。

《こんな方におすすめ!》
・運動靴、お子さんの上履き、靴下を洗う機会が多い方
・除菌、消臭効果がほしい方
・手肌へのやさしさを重視する方
・やさしく石けんを塗り、生地の傷みを防ぎたい方
・コスパ重視の方

「ウタマロ石けん」公式サイト

スティックタイプで持ちやすい!付属のネットに入れて最後まで使いきる「ブルーキーネット」

株式会社ブルーキ「ブルーキーネット」

品名: 洗濯用複合石鹸
成分: 界面活性剤(92%)、純石鹸分(82%、脂肪酸ナトリウム)、純石鹸分以外の界面活性剤(8%、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)(1.5%、ドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウム)、アルカリ剤(けい酸塩)、蛍光増白剤、除菌剤
用途: サッカー、野球などのスポーツドロ汚れ、襟袖のシミ、汗、油、サビ、ボールペン、おむつ、醤油、ソース、ケチャップ、ジュース、コーヒー、口紅、血液などのガンコな汚れの部分洗い
製造時重量: 110g
原産国: マレーシア

サイズ:(約)縦3.5㎝×横12㎝×高さ2.5㎝

〈6つの汚れを洗った結果〉

ネットと吸盤フックつきで、洗面台の端にセットOK!

株式会社ブルーキから発売されている「ブルーキーネット」は、ガンコな汚れやシミに強い部分洗い用の洗濯用複合石鹸です。
主成分は天然油脂なので、手にやさしく、安心。スティックタイプの石けんで、付属のネットに入れて使用します。石けんが小さくなってきたら、ネットごと洗濯機に入れて洗濯洗剤として使用してもOKとのこと。最後まで使いきりやすいです。
除菌剤も配合されています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ