無料の会員登録をすると
お気に入りができます

使い方次第!棚の可能性を引き出すオシャレインテリア10選

インテリア

棚の使い方次第でインテリアを自由に!

小物の収納やディスプレイ専用など、インテリアコーディネートには欠かすことができない収納能力の高い棚類。

タイプやデザインはさまざまですが、使い方次第でコーディネートをより豊かにしてくれる優秀な家具です。今回は、そんな棚にスポットを当てて、使い方次第で変化する素敵な実例をご紹介していきます。

棚の可能性を引き出す!オシャレなインテリア実例10選

自然を感じさせるディスプレイ

木製素材のしっかりとした棚には、グリーンやフェイクグリーン、ナチュラル素材のアイテムをバランス良くディスプレイ。

エリアをやんわりと区切ってディスプレイすることで、1つ1つのエリアの小物が際立って見えます。

それぞれがバランス良く配置されているので、アイテム同士が喧嘩することなくまとまっています。

壁面収納で実用性アップ

リビングなどの壁面を棚にした壁面収納は、インテリア的にも実用的にもおすすめです。

壁全体を使うことで収納スペースとたっぷりと取ることができることや、実用とディスプレイを組み合わせて使うことができる点が大きなメリット。

お部屋の雰囲気に合わせて配置するように心がけると良いでしょう。

その他の家具と材質を合わせる

お部屋の家具全体の素材や素材の色味を揃えることで、統一感のある空間に仕上がります。

画像は棚やディスク、部屋の仕切りなどの素材を揃えた実例です。

お部屋に使われている小物類もテイストを揃えているので、インテリアとしてのまとまりも感じられます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ