無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旨い! 煙らない! 「焼肉食べてる感」がダントツだったのは…

ライフスタイル

家で焼肉をしたいけど、煙やニオイが心配……。でも、おいしさと無煙を両立した焼肉プレートがあれば、家でも気軽に焼肉が楽しめます。ということで今回は、1人でも家族でも使える1台を探して、人気の焼肉プレート9製品をプロと一緒にテスト。おすすめ焼肉プレートランキングを発表します!

控えめな火力の影響か、豚トロでも煙が少なめです。

バーナーと焼き面の間に適度な熱がこもる構造。

しかし、中央部分が膨らんでいるせいか、熱の回りも非常にキレイです。

外側に向かって傾斜しているため、やや油跳ねアリ。

TUF(ティ・ユー・エフ)
ZAIGLE 炙輪
ZG-KJS1111
実勢価格:3万2780円
サイズ:W343×H250×D163mm
重量:約2.5kg
プレートサイズ:W275×D160mm
消費電力:1100W
コードの長さ:1.4m

▼テスト結果

おいしさ
18.5/40点


煙・ニオイ
14.0/20点


使い勝手
27.5/40点


総合評価
60.0/100点

4位は7月1日に少数限定で発売され、即完売となったTUF「ZAIGLE 炙輪 ZG-KJS1111」。可動式アームで熱源が動かせるので、食材の上げ下ろしがしやすく、識者からも高評価でした。

火力は強いのですが、じっくりじわじわ焼く系。薄めの牛肉よりも、魚や鶏肉、脂の多い豚トロなどに向いていそうです。

遠赤の熱は、牛ホルモンなど分厚めの素材をじっくり焼いてくれます。プレートからの熱で皮もパリッ!

アームを動かすと電源が切れるので、調理しやすいです。

上下から同時に熱を加えるので、肉が早く焼けます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ