無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「聞きづらい質問」をする時に使える言葉

「不躾」という言葉を知っていますか? ビジネスや日常生活において「不躾なお願いですが」や「不躾ですが~」というフレーズを見聞きしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。今回は「不躾」の意味や使い方について、コミュニケーションアドバイザーの松岡友子さんに解説してもらいました。

ライフスタイル

私たちは普段、極力相手に配慮した話し方や文章を心掛けています。

ですが時には、あえて強い態度に出なければならなかったり、本当なら言いたくないことを言わなくてはならなかったり、というような場面にも遭遇します。

本日紹介する「不躾」はそのような場面で使うことができる言葉の1つです。

「不躾」とはどういう意味なのか?

「不躾」は「ぶしつけ」と読みます。

「躾」は、礼儀作法のことです。ちなみにこの「躾」という漢字は中国から伝来したものではなく、日本人が作り出した「国字」です。

ここではそんな「不躾」の意味について、紹介していきます。

「不躾」とは「無作法」「無礼」のこと

「躾」が「身を美しくする」つまり「礼儀作法を身に付ける」という意味であることは、漢字が表しています。

『広辞苑 第七版』(岩波書店)にも「礼儀作法を身に付けさせること。身に付いた礼儀作法」とあります。

したがって「不躾」とは、「躾が身に付いていない、礼儀作法をわきまえていない」つまり「失礼な振る舞い」という意味になります。広辞苑には「無作法。無礼」とも書かれています。

「不躾」が用いられる場面

言葉遣いをはじめ、立ち居振る舞いなどの礼儀作法が最も問われるのは上下関係です。

ですから、特に目上の方への礼儀作法や物言いが立場をわきまえず偉そうであったり、歯に衣着せぬはっきりとした遠慮のない言い方だったりした場合、「不躾な態度だ」と非難されかねません。

また、「唐突感」を感じた際にも使われる言葉です。

例えば、本来なら直接言うべきでないことや、時や場所をわきまえて発言すべきであることを、あいさつや前置きなしに本題に入るなどした際に、「なぜ急にそんなことを言い出すのか」と相手をびっくりさせるような場面。

こういった場合にも、相手には「不躾な人だ」という印象を抱かせてしまうでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ