無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「聞きづらい質問」をする時に使える言葉

ライフスタイル

「不躾」という言葉を知っていますか? ビジネスや日常生活において「不躾なお願いですが」や「不躾ですが~」というフレーズを見聞きしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。今回は「不躾」の意味や使い方について、コミュニケーションアドバイザーの松岡友子さんに解説してもらいました。

このように、本来礼儀正しく振る舞うことが求められている場面で、失礼な態度を取ることが「不躾」という言葉なのです。

「不躾」を使う上で知っておきたいポイント

前段で触れた通り、「不躾」は、自分や他人が取った失礼な態度を「あれは不躾な態度だった」と客観的に表現する場合にも使われます。

その使い方だけではなく、無礼を自覚しながらもあえて失礼な態度を取る場合にも用いられるということが、この言葉のポイントとして挙げられます。

ですので「不躾ながら」「不躾とは存じますが」と自ら前置きして、その後続けてはっきりと相手に自分の意見を伝えるというケースでも使われます。

逆に考えれば、実は言いにくいことをどうしても相手にはっきりと伝えなければならない場合に、「はなはだ不躾であることは重々承知の上で申し上げるのですが~」と使ってみると良いでしょう。

本来礼儀を尽くすべき相手に向かって、やむを得ず取る自分の態度を指す言葉ですので、社内外を問わず使うことができますし、もちろん口語だけでなくメールや手紙でも使うことができます。

「不躾」を使った例文

ここでは、「不躾」を使った例文を紹介していきます。

聞きづらい質問をする時の例文

一般的によく使われるのは、「聞きづらい質問をする時」でしょう。

例文

・はなはだ不躾とは存じますが、昨年の取引件数を教えていただけますでしょうか?

・不躾ながらお尋ねします。これ以外にも何か不都合なことがおありなのではないですか?

急な頼み事をする時の例文

唐突感のある行動にも、不躾さを感じられることがあります。

本来ならもっと手順を踏むべきなのに「なぜこのタイミングで急に?」と相手が感じるような頼み事の場面などです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ