無料の会員登録をすると
お気に入りができます

動画で簡単!二日酔いの胃腸に優しい♡大阪名物!さっぱり「肉吸い」

醤油と出汁のきいたスープに、牛肉を入れて煮た「肉吸い」は二日酔いでも食がすすむさっぱりメニューです。動画つきで大阪名物の肉吸いレシピをご紹介します。

2017年6月
レシピ

大阪名物「肉吸い」を知っていますか?

テレビで芸人さんが紹介して人気が広まった「肉吸い」は、出汁がきいたスープに牛肉やネギなどを入れた大阪のソウルフードです。醤油と出汁の香りにつられて、二日酔いでもぺろりと食べることができるんです。

肉吸(にくすい)とは大阪の料理であり、わかりやすく言えば、肉うどんからうどんを抜いたもの。かつおや昆布等を使ったシンプルなスープに、たっぷりの牛肉と半熟状態の卵が入っている。
ja.wikipedia.org
instagram.com

〈材料〉2人前

牛肉薄切り 100g
水 600cc

日本酒 大2
みりん 大1
白だし醤油 大3

青ねぎ 1本
七味唐辛子 お好みで

〈作り方〉

(下準備)
・沸騰したお湯に牛肉を入れ、再び沸騰するまで湯がきます。沸騰したらざるに上げておきます。
・青ねぎを5mm幅で斜め切りにしておきます。

①鍋に水、日本酒、湯がいた牛肉、みりん、白だし醤油を順に入れ中火で沸騰させます。

②沸騰したら弱火にして10分煮ます。

③お椀によそい青ねぎを入れ、お好みで七味唐辛子をふって完成です♡

ここがポイント!

アクと臭みはしっかりとります

牛肉のアクや臭みが残ってしまうと、せっかく出汁がきいたスープもえぐみが出てしまいます。沸騰したお湯の中で牛肉をしっかり湯がき、アクと臭みを落としましょう。

弱火でじっくり10分煮ます

湯がいた牛肉を調味料と合わせたら、弱火で10分煮ていきます。スープの中に牛肉の旨味がゆっくり溶け込んで、味わい深い出汁のスープができあがります。

出汁と牛肉の旨味に、ほっと一息♡

肉吸いの中に豆腐や半熟卵を入れたりするのもおすすめです。疲れていて食欲がわかないときも、醤油と出汁がきいたスープを口にすれば元気になれそうです。ぜひお家で大阪の名物を楽しんでみてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ