無料の会員登録をすると
お気に入りができます

京都の寺院共存型ホテルで「朝のお勤め」を体験してみた![御朱印女子の宿泊レポ]

まもなく紅葉の時季を迎える京都。豊臣秀吉によって町中のお寺が一つの通りにまとめられた四条河原町の「寺町通」に、2020年9月28日、「浄教寺」と一体化した新ホテル「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」が誕生しました。 570年の歴史をもつ「浄教寺」で貴重な「朝のお勤め」も体験でき、参加者は御朱印も授けてもらえるそう!普通のホテルでは味わえない、京都の歴史を感じる宿泊レポをお届けします。

旅行・おでかけ

思わず瞑想したくなる大浴場⁉

「輪廻」をコンセプトにつくられた女性大浴場。入浴時間は15〜25時、6〜10時

宿泊者専用の大浴場も行ってびっくり、シンプルを極めたお寺の雰囲気を纏っておりました。水墨画を思わせる光壁アートと手水鉢のオブジェが暗がりの浴室内に浮かび上がり、とても神秘的。静かなBGMに耳を傾けながら、浴槽の中で目を閉じて軽く瞑想タイム……!

京都の町寺の朝のルーティーン!貴重な「朝のお勤め」体験

ひと晩明けたら、いよいよ「浄教寺」での「朝のお勤め」体験の時間です!早朝6時40分にホテルロビーに集合すると、この日は10人ほどの参加者が集まっていました。ホテルを出て、敷地内のお寺の本堂へ向かいます。

京都の町寺で、このように朝のお勤めを公開しているのは珍しい

この体験を目的に「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」を選ぶゲストも多いのだとか。毎朝定員は20名、参加料は300円(中止になる場合もあるので、詳しくはホテルに問い合わせを)です。

きらびやかな装飾をたたえる「浄教寺」御本尊。ホテルに連なる伽藍は、約190年前の旧本堂を建て直し、伝統の匠の技に最先端の技術を加えてつくられたもの

お焼香の方法が書かれたパンフレットは事前にもらえました

ご住職のお経を聞きながら、参加者一同、静かに椅子に座りお祈りします。そして、順番が来たら静かに席を立ってお焼香。

「朝のお勤め」中は、欄間の彫刻や柱、仏様を取り囲む灯籠の美しさに見惚れていました。一見きらびやかですが、よくよく見ると、かなり古いものであることが分かります。ご住職が唱える念仏、木魚、おりんの音に包まれ、早朝の清々しさも手伝って、凛とした心持ちに!

「浄教寺」44代目ご住職・光山公毅さん。え、44代目……⁉「日常の充実のために非日常を体感する『佛道修養』を一緒に体験いたしましょう」(光山さん)

終了後、ご住職の光山さんはこう語ってくれました。

「全国にお寺は7万5000から7万7000ほどあると言われ、その数はコンビニを上回るほどです。そこではほぼ例外なく、こうして朝の6時から7時の間に、ご住職さんが朝のお勤めでお経をあげられています。大半のお寺は『浄教寺』のように小さな町寺です。参加していただければ、お寺の多い京都の朝のルーティーンを垣間見ていただけるかと。皆さまと貴重なご縁を結べることを楽しみにしております」

本尊阿弥陀如来のほか、寺宝の浄土曼荼羅や平重盛公像(写真)、平家物語所以の琵琶などが現代建築と見事に融け合っています

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ