無料の会員登録をすると
お気に入りができます

持ってるだけでおしゃれ!京都のボトル入りコーヒーゼリーがおいしい

京都のオフィスや百貨店などが立ち並ぶ四条烏丸エリア。目立つ看板を出すお店が多い中、ひっそりとした路地の目立たないビルの3階で、世界に5%しか流通しないと言われるスペシャルティコーヒー豆を扱うお店があります。それが、『Coffee Base KANONDO(コーヒーベース カンオンドウ)』。世界中のコーヒー好きが足を運ぶ隠れ家です。

旅行・おでかけ

こんなところに?秘密基地的コーヒーベース

地下鉄と阪急電車が交差する四条烏丸は、商業施設やオフィスが立ち並ぶ繁華街。そんな賑やかな場所に目立たない幅1mほどの道、撞木辻子(しゅもくずし)があります。

“辻子”は、平安京遷都で碁盤の目に道が敷かれた京都を、豊臣秀吉が縦長に街区を分けた時代、区画の奥に入るために作られた生活道路の名残。そのため基本的に道に面するのは建物の壁になります。

住所では“ミヤコビル”とありますが、ぱっと見、一軒家のような外観。エレベーターなどはなく、階段で3階まで上がります。

撞木辻子の界隈は、美味しいランチのお店が並ぶエリアとして地元で働くサラリーマンに人気がありますが、たとえ前を通っていたとしても『Coffee Base KANONDO』に関しては、知らなければ高確率で見逃してしまうかも。

無機質な内装に和花が飾られていたり、途中に会社が入っていたり、まさかこんなところに?と思いながら階段を上がった先に小さくて本格的なコーヒーベースが現れます。

黒を効果的に使ったスタイリッシュな空間。ガラスで仕切られた個室はレンタルオフィス。

設置された2脚の椅子でイートインすることもできますが、基本的にはテイクアウト専門のお店です。

特別な豆を、使う分だけ少しずつ焙煎し、最高鮮度で提供

コーヒー好きがわざわざ足を運ぶ『Coffee Base KANONDO』。使う豆は、世界の総流通のうちトップ5%しかないと言われるスペシャルティコーヒー豆。

その特別な豆をお店に備えた小さな焙煎機で少量ずつ焙煎します。この焙煎機はメイドイン京都。100gから焙煎できるため、毎日、必要な量だけを焙煎し、コーヒー豆の注文が入れば焙煎し、いつも最高鮮度のコーヒー豆を用意されています。

持ち歩きで高ぶる!斜めツートーンのコーヒーゼリーボトル

『Coffee Base KANONDO』の広告塔ともいえる看板メニューが、この斜めツートンカラーの「コーヒーゼリー」。持ち歩きやすいボトルで、街歩きにもぴったり。しかも、作り置きではなく…。

毎回、注文が入るたびに、豆を挽くところからスタート。

丁寧にハンドドリップして、香りのよいアイスコーヒーを抽出します。

抽出したコーヒーは、氷の中へ。氷が溶けることも想定した濃さで豆の量、お湯の量を調整。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ