無料の会員登録をすると
お気に入りができます

小さくなった「ウタマロ石けんの使い切り」ネットで話題の方法を汚れ落ち比較!

洗濯物を白く洗いあげる切り札として人気の部分洗い用「ウタマロ石けん」は、使ううちに小さくなって、最後まで使い切れないという人も多いはず。 ネットやSNSではウタマロ石けんを最後まで使うアイデアが話題になっていますが、それを実際に試して比べてみました。

ライフスタイル

天然の動植物性油脂から作られる純石けんがウタマロ石けん。泥汚れや皮脂汚れ、食べこぼしから化粧品汚れまで生活汚れをしっかり落としつつ、白さもよみがえらせてくれる洗濯洗剤の神さまですが、固形石けんゆえに小さくなると使いにくいのは事実。小さくなって使いにくいからと捨ててしまったことがある人も多いのではないでしょうか。そんなもったいないことをしなくていいように、小さくなったウタマロ石けんの消費アイデアをチェック。どれが優秀なのか試してみました。

小さくなったウタマロ石けんを使い切る
4つのアイデアを比較テスト!

ネットで見つけた、ウタマロ石けんの使い切りアイデアの洗浄力を確かめるために、まず実験用サンプルを作りました。

用意したのは、「しょうゆ」と「ケチャップ」の汚れサンプル。これがどのくらい落ちるのか、4つの方法でトライしました。

〈関連記事〉

「石けんなのになぜ落ちる?」ウタマロ石けんの素直な疑問

①◆石けんを水で溶かした 「ウタマロ水」

できるだけ細かく刻んだウタマロ石けんを容器に入れ、石けんが浸るくらいの水(1㎝角キューブ2個分なら約10~15ml)に浸します。石けんが完全に水に溶けるまで2、3時間放置すれば完成。

洗い流した後の汚れの落ち具合です。ケチャップのほうはうっすらと色が残ってしまいましたが、よく見ないと分からないレベルまで落ちました。

【評価】
良い点:トロッとした液状のため、「ウタマロ粉石けん」やそのまま使うよりも布に擦り込みやすく、使いやすい点が良かったです。

悪い点:石けんが水に溶けるまで放置する時間が必要なのは忙しい人にとってマイナスポイントかも。

擦り込んでから放置すると、石けんの成分が布により染み込むので、時間があれば試してみてくださいね。

②◆さらさらと振りかけて使える 「ウタマロ粉石けん」

ウタマロ石けんを耐熱皿に並べ、電子レンジ(600W)で30秒加熱します。石けんが膨張し白くなったら取り出し、冷めたら石けんが粉状になるまで手で崩しながら容器の中に入れたら完成。1㎝角のキューブ5個を粉状にすると、5g程度の粉石けんが完成します。

「ウタマロ粉石けん」で洗った後の汚れの落ち具合です。やはりケチャップは少し色が残ってしまいました。しょうゆの色は完全に消えています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ