無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイエット成功のカギは生活改善♡ “痩せ体質”になるための6つのルール

無理な運動をしなくてもみるみる脂肪が落ちる…そんな理想の痩せ体質は、生活改善で手に入れちゃいましょう! 体重を緩やかに落とすために実践したいルールをご紹介します。

2017年10月
美容

運動せずにスリムになりたい!

生活習慣が変われば“痩せ体質”は手に入る♡

頑張ってダイエットに成功しても、ふと気を抜いた瞬間にリバウンド…なんて辛い経験をしたことはありませんか?

一度ならず何度もそうした経験をしたことがある方にとって、今始めるべきはリバウンドしにくいダイエットではなく、太りにくく痩せやすい体を作る体質改善!

苦しいダイエットに頼らず“一生太らない体”を!

そこで今回は苦しいダイエットをせずに自然と痩せる「痩せ体質」を作るために実践したいルールをまとめてご紹介いたします。

実践すべきはたった6つのことだけ! ぜひあなたも苦しいダイエットとは無縁の痩せ体質を目指してみませんか?

ルール①:夕食の時間を早める

ベストは18時!遅くても20時までに済ませる

仕事が忙しく、毎日夕食をとる時間が21時を回っている…なんてことになっていませんか?

痩せ体質になるためには、夕食の時間がとても大事。なるべく18〜19時の間、遅くても20時までには食事を終えることを実践してみましょう。

空腹は「慣れ」で乗り越えられる!

実は食事を早く済ませて程よい空腹感を持って寝ることこそ、体の脂肪を効率的に減らす秘訣。初めの数日は空腹感が気になりますが、慣れてくると空腹の状態が心地よく感じられます。

どうしてもお腹が減って眠れない時は、あたたかい豆乳やノンカフェインのハーブティーなどを摂るのが良いですよ。空腹で睡眠をとると目覚めが良くすっきりとした気分で起きられるので、規則正しい生活の実践にもつながります。

ルール②:動きやすい靴で出かける

靴が変われば運動量が自然とUP

あなたは通勤や仕事中どんな靴で過ごしていますか? もしスタイルを気にしてかかとの高いパンプスやピンヒールを履いているなら、結果的にそれはあなたの「痩せ」を妨げてしまっているのかも。

特に運動不足に陥りがちな社会人の女性にとって通勤や仕事中の活動量は、1日のカロリー消費に大きく影響を与えるもの。この活動量が少なければ新陳代謝が下がり、痩せにくく太りやすい体質を作る原因にもなりかねません。

起きている間にしっかり動けばエクササイズ不要

活動量を増やすためには、スニーカーやフラットシューズなど体を動かしやすい靴に変えることが大事。そうすることで自然と階段を使うのが苦にならなくなったり、一駅分なら歩いてみよう!と活動的になることができますよ。

日中にしっかり動いていれば、仕事終わりにジムに通ったり、ワークアウトをする必要なし。ぜひ万歩計やアプリなどを使って日中の運動量をUPさせるモチベーションを高めてみてくださいね。

ルール③:姿勢に注意する

正しい姿勢は脂肪を落とす

デスクワークをしている時や電車を待っている際、ふと自分の姿勢の悪さが気になったことはありませんか? 実はそうした姿勢の歪みは体に余計な脂肪を蓄える原因に。

その一方で正しい姿勢がキープできれば、脂肪は自然と落ちるもの。特に背中や腰回りの脂肪は、正しい姿勢を意識した生活を心がけることで徐々に変化が生まれます。ぜひ1日数回は「姿勢!」と自分に喝を入れてみましょう。

ルール④:甘い飲み物は飲まない

意外と侮れない飲料の糖分

仕事の始まる前や終わりに甘いラテやジュースでついひと息入れてしまう…という女性は意外と多いもの。とはいえそのドリンクに含まれる砂糖は決してほっとできる量ではないのをご存知ですか?

注意したいのは、飲み物で糖分を摂取しないということ。カフェではブラックコーヒーやお茶を注文するよう心がけ、お砂糖や糖分の入っていないドリンクで水分補給するようにしてみましょう。

甘いものを食べたい時は食べ応えのあるものに

とはいえ人間ですから、疲れている時やストレスが溜まった時はどうしても甘いものが欲しくなるもの。そんな時は我慢せず、マフィンやトーストなどしっかり食べ応えのあるもので糖分をチャージしてOKです。

口を動かすことによって満腹中枢が刺激できるので、食べ物のほうが甘い飲み物よりも糖分を補給したという実感や満足度がUPします。ただし食べ過ぎは注意! 少ない量をよく噛んでゆっくり食べるようにしてくださいね。

ルール⑤:食事の順番を意識する

「ベジファースト、カーボラスト」が基本

また食事においては食べる順番を守ることも痩せ体質を作り出す大きなカギ。

血糖値の上昇をなるべく緩やかに抑えるためにも、食物繊維を多く含む野菜→肉や魚などたんぱく質→お米やパンなどの炭水化物(糖質)の順番を基本として、一つずつ食べ終えましょう。

ただし野菜の中でも芋類やかぼちゃ、とうもろこしなど糖質の比較的高いものはたんぱく質の後に食べるのが大事。家での食事はもちろんのこと、外食でも合わせて実践してみてくださいね。

ルール⑥:ドキドキする素敵な恋をする

恋愛こそ脂肪を撃退する特効薬

「好きな人ができるとダイエットが成功する」なんて説を聞いたことがありますか? 実はそれ、科学的に裏付けがあるみたいです。

恋することで恋愛ホルモンと呼ばれるオキシトシンやエストロゲン、PEA、βエンドルフィンといったホルモン類の分泌量が上昇し新陳代謝の改善や食欲抑制、脂肪の燃焼効果が認められているようなのです。

疑似恋愛でも恋愛ホルモンはUPする!

「でも今好きな人がいないし、日々の生活にトキメキもない…」というあなたは、疑似恋愛を楽しむのもアリ!

テレビで活躍する俳優やアイドルにときめくのはもちろん、恋愛アプリを楽しむことでもホルモン分泌量の上昇は認められているのだそう。恋愛ホルモンはお肌や髪にも良い影響あり。ぜひ痩せ体質&キレイを同時に手に入れちゃいましょう。

苦しいダイエットなしで痩せるのは簡単♡

苦しいダイエットをせずに痩せるためには、生活習慣の改善が一番の近道。

ぜひ今日から自分のライフスタイルを見直して、体質改善を実現してみませんか?

誰もが羨む完璧ボディの持ち主♡AYAKAさんの「#宅トレ」メソッドが凄すぎる!

「痩せたいけれどジム通いは面倒…」それなら自宅で行うトレーニング「#宅トレ」を始めちゃいましょう!パーフェクトなボディラインのAYAKAさんがとってもわかりやすく宅トレの実践方法を教えてくれますよ。
19850
記事に関するお問い合わせ