無料の会員登録をすると
お気に入りができます

北陸新幹線に乗って新潟へ!アクティビティをがっつり満喫できる日帰り週末旅へ

旅行・おでかけ

今回利用したEバイクたち。

初めてのEバイク…不安でいっぱいです。

ヘルメットを装着して、いざ試乗!今回はじめてEバイク体験ツアーに参加したのですが、そもそも乗ることができるのか…。

そんな私みたいな方に、ぜひぜひおすすめしたいのが妙高の自然を知り尽くした観光ガイドさんに案内してもらう「サイクリング 半日ガイド付き」(6000円)。乗り方のコツから、初心者さんにはどのコースがおすすめか…、すべて案内してもらえるので安心して参加することができます。最初はうまく漕ぐことができずふらふら~っとしていたのですが、ガイドさんにコツを教えてもらい、あっという間に乗れるようになりました!ある程度乗れるようになるまで、しっかり教えてくれるので安心です。

おおよそ1時間ほど、妙高高原駅周辺をEバイクで回りました!私が参加した時には、秋だったので青空と紅葉が映えていてとってもきれいでした。

そしてEバイクなので、漕ぐのも楽ちん。私は意外にも疲労なしでした!アクティビティ重視の女子旅にもぴったりです。観光ガイドの方が、その都度丁寧に見どころを教えてもらえるので、いろんな角度から妙高市を楽しむことができるのが嬉しいポイント。大満足のツアーでした。

■妙高高原観光案内所(みょうこうこうげんかんこうあんないじょ)
住所:新潟県妙高市田口309-1
TEL:0255-86-3911
営業時間:9時~17時
定休日:無休

日本海の魅力が盛りだくさん!上越市の水族館「うみがたり」へ

妙高高原観光案内所から、車で45分ほど。本日の旅の最後は、2018年にオープンした「上越市立水族博物館うみがたり」。日本海沿岸にある水族館ならではの展示が魅力の水族館です。

「うみがたり」のロゴマークは、オレンジ色が空、水色が日本海、青色が水族館の大水槽を表されています。ロゴマークからとってもかわいいですよね…!

館内は3階建てになっているのですが、上から順番にみていくのがおすすめ。3階にもいくつか展示があるのですが、中でもおすすめは「日本海テラス」。

大水槽と日本海の水面が一体となっていて、雄大な日本海と夕やけの空を一望することができます。目の前に現れたこの景色に思わず「うわあ~!!」と感動。この大水槽にも海の生き物たちがたくさん泳いでいて、ときどき魚がはねたり…、ヒレがゆらゆらと見えたり…。「うみがたり」に訪れたらまずはここで、日本海を感じてみてくださいね。

水族館といえば、やはりみんな大好きイルカショー。こちらも日本海と繋がっているかのようなプールになっているので、まるで日本海を泳いでいるかのようなイルカのショーを見ることができますよ。

そして、ぜひぜひ体験して欲しいのが、ペンギンの餌やり体験「ペンギンフィーディング」。マゼランペンギンの一大生息地であるアルゼンチン共和国のプンタ・トンボを再現した「マゼランペンギンミュージアム」内で1日2回開催されています。

実は、「うみがたり」はマゼランペンギンの飼育数が日本一毎年10羽以上生まれるのだとか。今回は、私も「ペンギンフィーディング」を体験してきました!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ