無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いい器で食卓美人に近づく。「ぎやまん陶」で丁寧な暮らしを始めてみよう

インテリア

「ぎやまん陶」とは?

Photo by @monfavori__

「ぎやまん」とは、江戸時代~明治初期に使われていた外来語。同じような意味で用いられている言葉「びいどろ」は、当時の日本で作られていたガラス製品を表します。一方で「ぎやまん」は、ダイヤモンドのような細工を施したヨーロッパのガラス製品のことを指すんです。

また、「ぎやまん陶」とは、当時のぎやまんを焼き物で表現した陶磁器のこと。洋ガラスのような透明感と艶感を兼ね備えており、和・洋どちらのお料理も美しく引き立ててくれることが特徴です。

今回は、私たちの食卓をもっと丁寧に演出してくれる「ぎやまん陶」の食器を7種ご紹介します。

ぎやまん陶の食器7種

1. ぎやまん陶 カップ

深い色合いが美しい「ぎやまん陶」のカップ。いつものコーヒーやミルクを、ガラリと和モダンな印象に変えてくれます。洋菓子・和菓子のどちらとも馴染む風合いこそが「ぎやまん陶」の持ち味です。

2. ぎやまん陶 ソーサー

カップとセットで使える「ぎやまん陶」のソーサー。カップ用の台座が彫られていないため、取り皿やお茶請け皿としてもお使いいただけます。

3. ぎやまん陶 四寸鉢

「ぎやまん陶」シリーズで一番人気商品が、こちらの四寸鉢。一人前の副菜の盛り付けにちょうどいいサイズです。サラダや汁気のある煮物、フルーツの盛り付けに適しています。

4. ぎやまん陶 丸小鉢

丸小鉢は、四寸鉢よりも1.5cmほど深さのある器です。丸みのあるシルエットで、食卓をやわらかく見せてくれる効果があります。冷奴や煮物など、和食の盛り付けにどうぞ。

5. ぎやまん陶 豆小鉢

薬味やお漬物、お醤油皿にぴったりな豆小鉢。漆釉(うるしゆう・赤)、利休(りきゅう・緑)、茄子紺(なすこん・青)の三色を、お食事に合わせてコーディネートできます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ